広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 教育学部
講義コード CC118903 科目区分 教職専門科目
授業科目名 小学校教育実習観察
授業科目名
(フリガナ)
ショウガッコウキョウイクジッシュウカンサツ
英文授業科目名 Observation of Teaching Practice in Elementary School
担当教員名 米沢 崇,權藤 敦子,木佐木 太郎
担当教員名
(フリガナ)
ヨネザワ タカシ,ゴンドウ アツコ,キサキ タロウ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中
授業の方法 講義・実習 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心,演習中心,ディスカッション,学生の発表
状況に応じて,Bb9,Teamsでのオンラインによる授業の方法を活用する。変更する場合にはもみじの掲示板で連絡をするので,確認してください。 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生 教育学部第一類(初等教育教員養成コース)の学生
授業のキーワード 教育実習観察,研究協議,実務経験  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 初等教育教員養成コースの2年次生が,3年次生が行う小学校教育実習を観察することにより,小学生及び小学校教育実習に対するイメージを持つとともに,教職を志望する学部学生としての意識を高め,次年度実施する教育実習の準備を行う。 
授業計画 第1回 学部オリエンテーション及び希望校調査 6月9日(木)
    (小学校教育実習観察の意義と心構え,希望校調査等)
第2回 事前指導Ⅰ(全体ガイダンス) 6月23日(木)
    (実習観察校発表,全体指導,移動方法調査等)
第3回  打合せ(各クラス) 8月下旬
    (配属されたクラスの3年生との打合せ)
第4回 事前指導Ⅱ(学校別指導) 9月7日(水)

第5回 教育実習観察
    広島大学附属小学校   9月13日(火)
    広島大学附属東雲小学校 9月16日(金)
    広島大学附属三原小学校 9月20日(火)
第6回 事後指導 9月29日(木)

※レポート(観察録)提出予定

※詳細な日程等は,第1回学部オリエンテーションにおいて連絡する。
※訪問校は,上記3小学校から1校のみ。学部オリエンテーションにおいて希望を取り,人数等を勘案して決定する。
 
教科書・参考書等 講義形式(講義中心:プリント・ディスカッション・学生の発表・講義のレジュメの有)
小学校教育実習観察の観察録(訪問校ごとの事前指導Ⅱで配付する) 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 小学校教育実習観察の観察録,配付資料 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
第1回予習 各小学校の情報をHP等から入手しておく。(希望校の判断材料にする)
第2回予習 教育実習の意義,教育実習に向けた心構えについて,教育実習入門で学んだことを復習しておく。
第2回復習・第3回予習 教育実習観察における諸注意を十分に把握する。
第3回復習・第4回予習 3年次生から教育実習の内容や訪問当日の授業等を聞いておく。
第4回復習・第5回予習 ここまでに学習したことを確認し,配布資料等を熟読して準備を整える。
第5回復習・第6回予習 教育実習観察を行っての成果と課題を整理し,観察録にまとめる。
第6回復習                 来年度の本実習に向けて準備を開始する。 
履修上の注意
受講条件等
とくに訪問2週間前からは感染症予防対策を徹底し,体調管理に努めること。 
成績評価の基準等 出席状況,実習観察での態度及びレポート(観察録)の内容により評価する。
評価は秀(S),優(A),良(B),可(C),不可(D)の5段階とする。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
小学校教諭としての勤務経験にもとづき,実習に向けた実習校での現場経験と実習生の心構え,実習に向けた学習の視点を指導する。 
メッセージ  
その他 小学校教諭の経験のある教員等が,次年度実施する教育実習の準備のための指導をする。
各種教育実習の日程や説明等については,全て「掲示板」及び「Myもみじ」により行うので,よく確認しておくこと。(広大メールアドレスによる掲示は行いません。)
 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ