広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 教育学部
講義コード CC000321 科目区分 教養教育科目(昼)
授業科目名 教養ゼミ
授業科目名
(フリガナ)
キヨウヨウゼミ
英文授業科目名 Introductory Seminar for First-Year Students
担当教員名 磯崎 哲夫
担当教員名
(フリガナ)
イソザキ テツオ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 水1-4:教L202
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
原則として対面で授業を行う。オンラインで実施する場合は,Microsoft TeamsあるいはZoomを使用する(授業で使用するメディア・機器等を参照)。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 01 : 初年次教育
対象学生 1年次生
授業のキーワード ゼミ・文献購読・見学・調査・発表・討論・表現 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
本授業は全学共通の2単位必修科目である。
高等学校までの学びの多様化が進み,入学してくる学生の気質も多様化している。学生の中には受動的学習に慣れてしまい,自主性を重んじる大学での学習になじめない者も見受けられる。また,入学当初には,学問のおもしろさ,楽しさを体験的に理解できる機会が比較的少ないことも考えられる。
このような学生の状況に鑑み,教養ゼミは, 新入生を学習活動へ積極的に参加させることにより,知的興味を育む機会を提供するとともに,学生と教員,及び学生相互のコミュニケーションを図り,学習集団の形成に役立てる。 
学習の成果学習の成果として,大学での学びや探究・研究の方法などに関する基礎的な知識・理解・技能を習得し,これからの大学生活を送る体制を整えることができるようになることが期待される。 
授業の目標・概要等 自主的な学習によって支えられる大学教育へのオリエンテーション機能を果たすため,入学後の早い段階で知的活動への動機付けを高め,論理的・批判的な思考法と適切な自己表現能力を身に付けることを目標とする。また,大学での学習の入り口として,学生と教員,及び学生相互のコミュニケーションを図り,学習集団の形成に役立てる。 
授業計画 第1回 ガイダンス:大学での学びの動機付け
第2回 コース別オリエンテーション企画(1):博物館等施設見学
第3回 コース別オリエンテーション企画(2):広島平和記念資料館等の見学による平和学習
第4回 コース別オリエンテーション企画(3):野外観察実習
第5回 コース別オリエンテーション企画(4):総括
第6回 大学教育入門:キャンパスライフに関して
第7回 理科教育入門(1):問題の所在と把握
第8回 理科教育入門(2):情報の収集
第9回 理科教育入門(3):情報の吟味
第10回 理科の探究と教材実験(1):問題の把握と仮説の設定
第11回 理科の探究と教材実験(2):観察・実験
第12回 理科の探究と教材実験(3):結果と考察
第13回 成果発表(1):情報をまとめ,相手に伝える
第14回 成果発表(2):批判的に検討する
第15回 まとめと省察

試験は行わない。学びの評価材として,レポートの提出やプレゼンテーションの実施を求める。

自然系コースの3つの教養ゼミ(担当:網本・磯﨑・吉冨)は,相互に連携しながら実施します。 
教科書・参考書等 講義や演習,見学や調査など,多様な形態で学習する。
テキストや読むべき推薦図書は適宜指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 パワーポイント等のオンラインで実施する場合は,Microsoft TeamsあるいはZoomを使用する。配付資料は,Microsoft Teamsあるいはmoodleを通じて配信する。 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
授業開始時に指示する。
理科教材入門の前には,高等学校までに履修した理科の各科目の復習をしておくとよい。 
履修上の注意
受講条件等
授業開始時に指示する。
理科教材入門の前には,高等学校までに履修した理科の各科目の復習をしておくとよい。 
成績評価の基準等 単位の認定にあたっては,次の1-6を参考にして評価する。
1.自主的な学習活動がみられたか,また自主的な学習態度が形成されたか。【自主学習】
2.グループ討論に積極的に参加したか。【参加態度】
3.問題点の把握とその解決のために十分な思考を行っていたか,また十分な理解ができていたか。【思考と理解】
4.学習のために十分な資料収集を行ったか。【自学自習】
5.学習成果を論理的かつ効果的に発表できたか。【発表内容と発表態度】
6.質疑に対して課題を整理して答えることができたか。【課題整理と質疑応答】 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 皆さんは、大学という高等教育機関での教育・研究の入り口に立っています。本授業を通じて,大学での学びのための基礎的知識や技能をしっかりと身につけるとともに,教育学部自然系コースという学習集団の中で自ら学び取る体制を構築してほしいと思います。そのためにも,毎回出席し,遅刻・欠席をしないよう留意してください。 
その他 新型コロナウィルス感染症拡大防止等の理由から,授業計画は変更になる場合がある。
 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ