広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 文学部
講義コード BQ001002 科目区分 専門教育科目
授業科目名 Introduction to Humanities
授業科目名
(フリガナ)
イントロダクショントゥーヒューマニティーズ
英文授業科目名 Introduction to Humanities
担当教員名 前野 弘志,安嶋 紀昭,白井 純,有松 唯,LORRILLARD OLIVIER ALAIN,八尾 隆生,小川 恒男,本多 博之,後藤 弘志,根本 裕史,下岡 友加,松永 京子,岡本 慎平,FEDERMAIR LEOPOLD,後藤 拓也
担当教員名
(フリガナ)
マエノ ヒロシ,アジマ ノリアキ,シライ ジュン,アリマツ ユイ,ロリヤール オリヴィエ アラン,ヤオ タカオ,オガワ ツネオ,ホンダ ヒロユキ,ゴトウ ヒロシ,ネモト ヒロシ,シモオカ ユカ,マツナガ キョウコ,オカモト シンペイ,フェダマヤ レオポルド,ゴトウ タクヤ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 水1-4:文B153
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 14 : 文化論
対象学生 Humanities in English Programに所属する1年次生,および興味のある1年次生。
授業のキーワード 人文学,哲学,倫理学,史学,文学 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
Humanities in English Program
(知識・理解)
・人文学に関する幅広い教養を英語で理解したか。 
授業の目標・概要等 Humanities in English Programに所属する学生が,人文学の基本的な研究方法,視点,人文学を研究することの意味について学ぶために,既存の5プログラムにおける専門性の基礎を身に付けること。 
授業計画 第1回 FEDERMAIR Leopold(E:英語):ドイツとオーストリア文化の比較分析。(対面)
第2回 松永京子(E:英語):人間と環境の関係は文学・映像作品にどのように描かれてきたのか。アメリカにおける核・原爆文学を中心にとりあげながら、現代社会における文学の意義を考える。(対面)
第3回 LORRILLARD Olivier(E:英語):フランス喜劇における主人と従者:「革命的」精神。(オンライン(同時双方向),Teams)
第4回 岡本慎平(B:日本語・英語):本講義では、アンモニアを合成する主要な方式であるハーバー=ボッシュ法の開発と、その応用をめぐる倫理問題を考察する。(対面)
第5回 根本裕史(B:日本語・英語):本講義では大乗仏教の利他思想を紹介し、自己と他者の関わりをめぐる哲学的・倫理的問題を議論する。(対面)
第6回 後藤弘志(B:日本語・英語):西洋哲学におけるテキスト解釈と翻訳の問題。(対面)
第7回 本多博之(B:日本語・英語):世界遺産「厳島神社」に見る日本文化。(対面)
第8回 八尾隆生(B:日本語・英語):ヴェトナム前近代の漢文契約文書を漢文・英語訳・日本語訳(訓読を含む)で読み、現代の契約文書との類似性、相違性を考える。(対面)
第9回 前野弘志(E:英語):レバノンのティール市郊外地下墓内碑文の研究。(対面)
第10回 安嶋紀昭(B:日本語・英語):美術史学とはどのような学問か。(対面)
第11回 有松唯(B:日本語・英語):文化遺産をめぐる近年の国際的なトピックを紹介すると共に,そこでの国際機関や専門家の役割について,概要を述べる。(オンライン(同時双方向),Teams)
第12回 後藤拓也(B:日本語・英語):日本における農村振興としての「村おこし」の発祥と展開を、農村・農業地理学の視点から学ぶ。(対面)
第13回 白井純(J:日本語):キリシタン版をとおして文献学の基礎を学ぶ。(オンライン(同時双方向),Teams)
第14回 小川恒男(J:日本語):日本漢字音について。(対面)
第15回 下岡友加(J:日本語):ポストコロニアル台湾の日本語文学を読む。(対面)

各回の終了時に小テストまたはレポートを課して,時間内に提出してください。 
教科書・参考書等 毎回の授業に適宜,配布される。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
各教員の指示に従ってください。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 各回の終了時に小テストまたはレポートを課して,時間内に提出してください。
授業担当教員は,授業実施後1週間以内に100点満点で採点し,世話教員(教務委員長)に採点結果を提出します。世話教員(教務委員長)は,15回の合計点を100点満点に換算し評価を行います。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ