広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 文学部
講義コード BJ001002 科目区分 専門教育科目
授業科目名 文化財学入門
授業科目名
(フリガナ)
ブンカザイガクニュウモン
英文授業科目名 Introduction to the Study of Cultural Heritage
担当教員名 安嶋 紀昭,中村 泰朗
担当教員名
(フリガナ)
アジマ ノリアキ,ナカムラ ヤスオ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 水1-4:文B251
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 09 : 考古学・文化財学
対象学生 原則として文化財学専攻を目指す1年生
授業のキーワード 文化財 建築 美術 工芸1, 入門,実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
入門 
到達度評価
の評価項目
地理学・考古学・文化財学プログラム
(知識・理解)
・地理学、考古学または文化財学に関する基本的理解 
授業の目標・概要等 文化財とは何かや文化財学の役割などについて学習し、美術・工芸・建築の見方について理解する。
 
授業計画 第1回 ガイダンス(中村泰朗助教)
第2回 建築史学概論(中村泰朗助教)
第3回 モノの見方と考え方ー住宅①(中村泰朗助教)
第4回 モノの見方と考え方ー住宅②(中村泰朗助教)
第5回 モノの見方と考え方ー住宅①(中村泰朗助教)
第6回 モノの見方と考え方ー住宅②(中村泰朗助教)
第7回 モノの見方と考え方ー城郭①(中村泰朗助教)
第8回 モノの見方と考え方ー城郭②(中村泰朗助教)
第9回  美術史学概論(安嶋教授)
第10回 工芸史学概論(安嶋教授)
第11回 美術史学の年代区分(安嶋教授)

第12回 美術史学の研究方法(安嶋教授)
第13回 モノの見方と考え方ー絵画(安嶋教授)
第14回 モノの見方と考え方ー彫刻(安嶋教授)
第15回 まとめと試験(安嶋教授)

小テスト、試験実施

上記の順番等は変更する可能性がある。 
教科書・参考書等 必要に応じてその都度指示。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
第1回-第15回 専門用語の習得 
履修上の注意
受講条件等
文化財学は、日本の伝統に根差した学問である。教室での着帽・飲食(水分補給を含む)・携帯電話等の使用などは一切禁ずる。 
成績評価の基準等 受講の態度(上記履修上の注意の遵守)や積極性50%程度および試験50%程度を基準に、総合的に評価する。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
文部技官(東京国立博物館主任研究官)として光画像計測法の応用による国宝・重要文化財の実査経験を基に、現存遺例の読解法を教授する(安嶋紀昭)。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ