広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 文学部
講義コード BG207101 科目区分 専門教育科目
授業科目名 地中海社会史研究
授業科目名
(フリガナ)
チチュウカイシャカイシケンキュウ
英文授業科目名 A Study of Social History in the Mediterranean
担当教員名 前野 弘志
担当教員名
(フリガナ)
マエノ ヒロシ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 火1-2,水5-6:文B204
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 07 : 史学
対象学生 興味のある学生なら誰でも受講できます。
授業のキーワード 西洋史、古代史 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
古代地中海世界史の基礎的な事項を概説します。 
到達度評価
の評価項目
歴史学プログラム
(能力・技能)
・歴史学に関する研究の方法の習得

中等教育科学(社会・地理歴史・公民)プログラム
(能力・技能)
・社会系内容領域の資料・データを収集・読解し,分析・批評できる
(総合的な力)
・調査・研究や教育実践,社会的活動等の成果をまとめ,プレゼンテーションできる 
授業の目標・概要等 古代地中海世界史に関する諸事項を取り上げ、人々の生活や社会・思想、研究の方法などを論じます。 
授業計画 第1回 エーゲ文明の発見—オリエント風小王国分立状態—
第2回 トロイ戦争—シュリーマンの古代への情熱—
第3回 線文字Bの解読—ミケーネ時代最後の日の記録—
第4回 「海の民」の侵略—東地中海世界の崩壊—
第5回 ポリスの誕生—神殿建設の開始—
第6回 大植民時代—ポリス世界の拡大—
第7回 アルファベットの使用—オリエント世界との再会—
第8回 重装歩兵戦術の成立—民主化の出発点—
第9回 ポリスの事例①—スパルタの国制—
第10回 ポリスの事例②—アテナイの国制—
第11回 オリンピア競技祭—ポリスを越えた民族の祭典—
第12回 ギリシア哲学①—イオニア哲学/光は東方より—
第13回 コインの誕生
第14回 ペルシア戦争—東西文明の衝突—
第15回 デルフィの神託—古代ギリシアを動かしたもの—

学期末にレポートを提出してもらいます。

特にありません。 
教科書・参考書等 適宜、紹介します。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 毎回、プリントを配布します。 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
予習する必要はありませんが、授業を参考にして、自分で読書して下さい。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 毎回、授業の最後に書いてもらう小テストと感想、それに学期末のレポートで評価します。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 講義は、皆さんの視野を広げるための起爆剤になることを目的として、様々なテーマを取り上げ、広く浅く概説します。この講義をとっかかりとして、自分で読書し、さらに知識を深めて下さい。 
その他 特にありません。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ