広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 総合科学部
講義コード AQS00501 科目区分 専門教育科目
授業科目名 Topics in History of Science(科学史の諸問題)
授業科目名
(フリガナ)
カガクシノショモンダイ
英文授業科目名 Topics in History of Science
担当教員名 中尾 麻伊香
担当教員名
(フリガナ)
ナカオ マイカ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 木7-8:総K208
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心 
単位 1.0 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 08 : 科学史・技術史
対象学生
授業のキーワード 疫学、公害問題、原爆、被爆者、被ばく、補償、訴訟、広島、長崎、水俣、福島 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解

国際共創プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解 
授業の目標・概要等 核兵器の使用や原発事故には、加害者と被害者がいる。加害者側が放射線の被ばく影響を隠そうとしてきたのに対し、被害者側は被ばく影響を明らかにして補償を得ようと闘ってきた。この授業では、そのような核の被害をめぐる科学的営みに焦点をあて、人間を対象にした科学研究の難しさとその倫理的問題、補償をめぐる科学と政治の関係を検討していく。 
授業計画 第1回:イントロダクション
第2回:動物実験と人体実験
第3回:疫学と公衆衛生
第4回:原爆投下と被爆者調査
第5回:被ばくと補償
第6回:原発事故と福島「県民健康調査」
第7回:福島原発訴訟
第8回:まとめ
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回 
教科書・参考書等 適宜指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
各回で紹介する文献を関心にあわせて読むこと。授業で扱う被害の問題が過去のものではないことを理解し、日々のニュースをチェックすること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 平常点とレポートで評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 状況によってはオンライン授業に移行することもある。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ