広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 総合科学部
講義コード AQN50002 科目区分 専門教育科目
授業科目名 現代物理学入門
授業科目名
(フリガナ)
ゲンダイブツリガクニュウモン
英文授業科目名 Introduction to Modern Physics
担当教員名 畠中 憲之
担当教員名
(フリガナ)
ハタケナカ ノリユキ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 木9-10:総K202
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心、板書多用、ディスカッション 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 06 : 物理学
対象学生
授業のキーワード 量子力学 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
(能力・技能)
・課題の考察のために必要な理論・方法を特定する能力・技能

国際共創プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
(能力・技能)
・課題の考察のために必要な理論・方法を特定する能力・技能 
授業の目標・概要等 世界の記述に成功したかに見えたニュートン力学が,いかに破綻し,そこから手探りで構築された新しい自然科学の概念を,その基礎方程式であるシュレディンガー方程式に焦点を合わせて現代物理学の基礎を学ぶ. 
授業計画 第1回 古典力学の復習 ニュートン力学
第2回 古典力学の破綻 光は粒子か波か?
第3回 シュレディンガー方程式
第4回 シュレディンガー方程式の解法
第5回 波動関数の確率解釈
第6回 観測可能量と期待値
第7回 量子力学の枠組み
第8回 量子力学的自然観

期末試験 
教科書・参考書等 参考書:物理学講義 量子力学入門
松下 貢
必要に応じて用意してください.必ずしも購入の必要はありません. 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 講義形式:講義中心(パソコンを利用することもある.)Teams, Bb9 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
第1回 単振動の運動方程式とその解法について復習しておいてください.また,テーラー展開を復習しておいてください.
第2回 光電効果とは何か調べておいてください.
第3回 偏微分とは何か,微分との違いを事前に復習しておいてください.
第4回 ポテンシャルとは何か調べておきましょう.
第5回 波の干渉について調べておいてください.
第6回 確率論の期待値について調べておきましょう.
第7回 ヒルベルト空間について調べておきましょう.
第8回 古典力学と量子力学の違いを自分の言葉でまとめましょう. 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 小テスト(30%),期末テスト(70%) 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 文系の学生にも理解できるようプログラムされています. 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ