広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 総合科学部国際共創学科
講義コード ARS41601 科目区分 専門教育科目
授業科目名 Foundations of International Education Development I (国際教育開発基礎論 I)
授業科目名
(フリガナ)
コクサイキョウイクカイハツキソロン I
英文授業科目名 Foundations of International Education Development I
担当教員名 三輪 千明,馬場 卓也,清水 欽也,吉田 和浩,中矢 礼美,日下部 達哉,牧 貴愛,谷口 京子
担当教員名
(フリガナ)
ミワ チアキ,ババ タクヤ,シミズ キンヤ,ヨシダ カズヒロ,ナカヤ アヤミ,クサカベ タツヤ,マキ タカヨシ,タニグチ キョウコ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 火5-6:総K109
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心 
単位 1.0 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生
授業のキーワード SDG_04 教育開発 国際協力 発展途上国 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
国際共創プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
・異文化・異領域の人々に対するコミュニケーション能力の前提となる自らの言語・文化及び他の言語・文化への知識・理解 
授業の目標・概要等 国際教育開発基礎論ⅠとⅡは、先進国や途上国における社会経済的問題等の解決を探る際に不可欠となる国際教育開発の主な理論と実践について一般的理解を図ることを目的とする。開発における教育の役割の解釈はしばしば「開発のための教育」、「教育の開発」、「教育と開発」に分けられるが、科目Ⅰではこれらの背景にある理論を主に解説し、国際教育協力やSTEM教育、平和教育についても取り扱う。科目Ⅰ・Ⅱの目標は次のとおりである。1)さまざまな観点から国際教育開発の重要性を理論的に説明できる、2)教育開発の主要な問題について、いくつかの解決策を交えて議論できる、3)ある国の教育セクター分析ができる。なお、受講者は上記目標を達成するため、ⅠとⅡの双方を同じ開講年度に履修しなければならない。 
授業計画 第1回(6/14) 科目説明、世界の教育開発の現状(三輪)
第2回(6/21) 国家や地域の開発に資する教育(谷口)
第3回(6/28) 教育の開発(日下部・牧)
第4回(7/5) 教育と開発(三輪)
第5回(7/12) 教育の国際協力(吉田)
第6回(7/19) STEM教育(馬場・清水)
第7回(7/26) 平和教育(中矢) 
教科書・参考書等 各講義では可能な限り、講義資料を配布し、学生が参照すべき関連文献を提示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
第1回 UNESCO (2021) Global Education Monitoring Report 2021/2のChapter 9を読んで予習する。授業後は配布資料や示された関連文献をもとに学習内容を復習する。
第2回 人的資本論や教育生産関数等を調べて予習する。授業後は配布資料や示された関連文献をもとに学習内容を復習する。
第3回 日本国際開発学会の機関誌『国際開発研究』第29巻第2号の「特集SDGs時代の教育普遍化と格差」の6篇の英文要旨(Bb9にて提供予定)を読み、教育を受ける権利、教育機会の拡大や質向上、教育と文化の関係等について予習する。授業後は配布資料や示された関連文献をもとに学習内容を復習する。
第4回 UNESCO (2021) Global Education Monitoring Report 2021/2のChapter 14を読んで予習する。授業後は配布資料や示された関連文献をもとに学習内容を復習する。
第5回 日本政府等による国際教育協力の事例を調べて予習する。授業後は配布資料や示された関連文献をもとに学習内容を復習する。
第6回 STEM教育の事例や関連文献を調べて予習する。授業後は配布資料や示された関連文献をもとに学習内容を復習する。
第7回 平和教育の事例や関連文献を調べて予習する。授業後は配布資料や示された関連文献をもとに学習内容を復習する。 
履修上の注意
受講条件等
「国際教育開発基礎論Ⅰ」と「国際教育開発基礎論Ⅱ」は双方を同じ開講年度に履修しなければならない。 
成績評価の基準等 「国際教育開発基礎論Ⅱ」1~7回目までのグループ発表(35%)、最終回のグループ発表(25%)とグループ・レポート(40%)の結果をⅠ・Ⅱの各成績とする。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
国際教育協力の経験を有する教員(全担当教員)が、国際教育開発の基礎的理論と実践について講義する。 
メッセージ ノートパソコンを持参すること。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ