広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 総合科学部国際共創学科
講義コード ARS40301 科目区分 専門教育科目
授業科目名 Ethics, Killing and Violence II (戦争と平和の応用倫理学 II)
授業科目名
(フリガナ)
センソウトヘイワノオウヨウリンリガク II
英文授業科目名 Ethics, Killing and Violence II
担当教員名 澤井 努,河合 信晴
担当教員名
(フリガナ)
サワイ ツトム,カワイ ノブハル
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 木3-4:総K202
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心、ディスカッション
対面で授業を行う予定だが、コロナ感染状況次第では、オンラインに切り替えることもありうる。オンラインで行う場合は、Zoomを用いる。
 
単位 1.0 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 02 : 倫理学
対象学生
授業のキーワード 倫理学、応用倫理学、生命倫理学、戦争倫理、動物倫理 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
国際共創プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
(能力・技能)
・自らの研究成果をレポートや論文にまとめ、ゼミや研究会等で発表し、異文化・異領域の人々も理解しやすいように説明できる能力・技能
(総合的な力)
・研究倫理と主体的な知的関心に基づき課題を発見し、解決に向けた方策を立案できる学際的思考力 
授業の目標・概要等 本講義では、(1)議論を分析し評価する能力を養うこと、また(2)倫理学における中心的な理論と概念に関する知識を身につけること、を目的としています。難解で抽象的な道徳的問題に取り組むことで、他者を殺したり傷つけたりすることをめぐる、より身近で実践的なトピックに取り組むことができるようになります。なお本講義では、戦争における殺人、テロ行為、安楽死と死刑、中絶、遺伝子編集、臓器移植、生物医学研究における人を対象とした研究と動物実験などについても扱います。 
授業計画 第1回 安楽死と治療の差し控え
第2回 中絶(1)
第3回 中絶(2)
第4回 ゲノム編集の生殖利用
第5回 臓器移植
第6回 研究倫理:人
第7回 研究倫理:動物
第8回 まとめ
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回 
教科書・参考書等 【参考書】
※ ピーター・シンガー『実践の倫理』、昭和堂、1999年。(=Peter Singer. 2011. Practical Ethics, 3rd ed. Cambridge University Press)
※ マイケル・ダン、トニー・ホープ(児玉聡、赤林朗訳)『医療倫理超入門』、岩波書店、2020年(=Dunn M., Hope T. 2018. Medical Ethics: A Very Short Introduction. Oxford:
Oxford University Press.)。
※ Wilkinson D., Herring J., Savulescu J. 2020. Medical Ethics and Law: A Curriculum for the 21st Century. Edinburgh: Elsevier.
※ 赤林朗編『入門・医療倫理I 改訂版』、勁草書房、2017年。
※ 赤林朗編『入門・医療倫理II』、勁草書房、2007年。

※ 参考書の購⼊は必須ではありません。しかし、関心のある学生は、参考書に挙げている日本語書籍から読むことをお勧めします。必要に応じて講義中に参考書を紹介します。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
講義資料は、各回の講義前に公開しますので、受講者は予習・復習を⾏ってください。特に、双⽅向型の授業前に資料を読んでおくことで、グループ・ディスカッションの質が⾼まります。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 【レポート】:70%
レポートによって、⽣命倫理学における基礎的事項に関する理解度、および倫理的思考⼒を評価します。
【授業への参加態度】:30%
毎回の講義後、講義内容に関する感想・質問を提出してもらい、それを授業への参加態度として評価します。この点に関しては、初回講義でも説明します。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 講義中に全てを理解するのは難しいかもしれません。講義で分からないことがあれば、講義後に提出してもらう出席カードで質問したり、直接質問したりしてください。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ