広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 総合科学部国際共創学科
講義コード ARC00801 科目区分 専門教育科目
授業科目名 Debate I (ディベート論)
授業科目名
(フリガナ)
ディベートロン
英文授業科目名 Debate I
担当教員名 天野 修一
担当教員名
(フリガナ)
アマノ シュウイチ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 火9-10:総K202
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義, グループワーク, 学生によるディベート,対面を主としてオンラインを併用 
単位 1.0 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 06 : 言語学
対象学生 主としてIGSの学生
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
国際共創プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解 
授業の目標・概要等 ディベート論はディベートへの参加の仕方や学術的な思考の仕方,効果的な表現方法を学ぶ授業である。アカデミックディベートの基本的な考え方や方法を紹介する講義とディベートセッションの練習の機会を設ける。 
授業計画 Lesson 1  オリエンテーション
Lesson 2  ディベートフォーマット
Lesson 3  ディベートゲーム体験
Lesson 4  命題
Lesson 5  ディベートモデル
Lesson 6  立論1
Lesson 7  立論2
Lesson 8  期末課題 
教科書・参考書等 教科書は使用しない。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
授業参加だけでなく,授業外での準備も重要である。 
履修上の注意
受講条件等
本授業と第2タームに開講されるディベート演習の両方を履修することを強く勧める。ディベート演習のみの履修は認められない。履修者の上限は20名とする。希望者多数の場合には初回授業で抽選を行う。 
成績評価の基準等 グループワーク(10%),提出課題(30%),期末課題(60%) 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ