広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2022年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード A1000010 科目区分 教養教育科目(昼)
授業科目名 教養ゼミ
授業科目名
(フリガナ)
キヨウヨウゼミ
英文授業科目名 Introductory Seminar for First-Year Students
担当教員名 中村 江里
担当教員名
(フリガナ)
ナカムラ エリ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 月5-8:総K102
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
演習中心,ディスカッション,学生の発表  
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 01 : 初年次教育
対象学生 総合科学部1年次生
授業のキーワード 学際性,総合性,創造性 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
総合科学部での学士課程教育の導入として位置づけられる科目 
学習の成果 
授業の目標・概要等 この授業は、大学教育へのオリエンテーションとして、学生の知的好奇心をはぐくみ、能動的・発見的・探究的学習を促すことを目的としている。また、総合科学を実践するための基盤となるアカデミック・スキルズを習得し、科学的思考法を習得することを目指す。具体的には、広島県の大久野島を共通テーマとして、問題の提示と整理、サブテーマの設定をした上でグループごとの調査・個別学習・フィールドワークを行い、最後に合同発表・討論とレポートの作成を行う。 
授業計画 第1回 新入生歓迎オリエンテーションでの実習1
第2回 新入生歓迎オリエンテーションでの実習2
第3回(第1日)大学で学ぶための基礎スキル(1):情報収集と整理について
第4回(第1日)図書館・文書館・博物館案内
第5回(第2日)大学で学ぶための基礎スキル(2):クリティカル・リーディングとプレゼンテーション
第6回(第2日)グループワークによるミニ研究(1):問題や関連事項の抽出,サブテーマ分担の決定
第7回(第3日)グループワークによるミニ研究(2):分担サブテーマの調査成果の発表と整理
第8回(第3日)グループワークによるミニ研究(2):分担サブテーマの調査成果の発表と整理
第9~12回 大久野島フィールドワーク(授業2日分、6時間に相当)
第13回(第6日)グループワーク発表会:グループ合同の発表・討論会(各自でレポート作成)。
第14回(第6日)グループワーク発表会:グループ合同の発表・討論会(各自でレポート作成)。
第15回(最終日)レポート草稿へのコメント

※以上の授業計画は仮のものであり、受講生の希望や予定に応じて変更の可能性がある。


最終授業後に期末レポート提出 
教科書・参考書等 佐藤望編著『アカデミック・スキルズ 大学生のための知的技法入門 第3版』慶應義塾大学出版会、2020年。
佐藤智明・安保克也・矢島彰『新版 大学 学びのことはじめ 初年次セミナーワークブック』ナカニシヤ出版、2012年。
広島大学総合科学部101冊の本プロジェクト『大学新入生に薦める101冊の本』岩波書店、2005年。
広島大学101冊の本委員会編『大学新入生に薦める101冊の本 新版』岩波書店、2009年。
学習技術研究会編『知へのステップ 大学生からのスタディ・スキルズ 第3版』くろしお出版、2011年。
森達也『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ 増補新版 世界を信じるためのメソッド』ミツイパブリッシング、2019年。
山口裕之『コピペと言われないレポートの書き方教室』新曜社、2013年。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
第1回 新入生歓迎オリエンテーションの班活で話題に出た学問の話について列記してみよう。
第2回 友人や先輩と話をして、どのような点に興味が持てたのか、また、自分が大学でどのような勉強をしていきたいのかについて、列記してみよう。
第3回 参考文献を読み、情報をどのようにまとめると良いのかについて考えよう。
第4回 学内の図書館・文書館・博物館の利用の仕方をマスターしよう。
第5回 参考文献を読み、発表する上で気をつけなければならないことをまとめよう
第6回 自分の担当したサブテーマと全体とのつながりについて考え、わかりやすくなるようまとめよう。
第7回 自分が調べたサブテーマ内容を分かり易くまとめ、発表で質問の出た箇所や、分かり難かった点についてさらに調べてみよう。
第8回 自分が調べたサブテーマ内容を分かり易くまとめ、発表で質問の出た箇所や、分かり難かった点についてさらに調べてみよう。
第9~12回 フィールドワークの準備を入念に行い、終了後は現地で学んだことをまとめておこう。
第13回 発表に対する討論を行い、提起されたテーマについて深く考え、レポートを書いてみよう。
第14回 発表に対する討論を行い、提起されたテーマについて深く考え、レポートを書いてみよう。
第15回 提起されたテーマについて深く考え、レポートを書いてみよう。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 グループワークにおける参加状況,発表会における貢献の程度,個別に作成するレポートにより総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ