広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2021年度 開講部局 先進理工系科学研究科博士課程前期先進理工系科学専攻建築学プログラム
講義コード WSK20901 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 建築企画・計画特論
授業科目名
(フリガナ)
ケンチクキカク・ケイカクトクロン
英文授業科目名 Advanced Architectural Planning and Programing
担当教員名 角倉 英明
担当教員名
(フリガナ)
スミクラ ヒデアキ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 月5-8:工A2-641
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義・演習・学生発表 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 14 : 建築学
対象学生 先進理工系科学研究科建築学プログラム
授業のキーワード 建築プロジェクト、企画、運営 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 わが国を含めて多くの先進諸国は、建築の新築を中心とするフローの時代を終え、既存建築のストック活用を重視する施策が取られている。しかしながら、わが国の本格的なストック活用は始まったばかりである。そこで、本講義は、学部における建築教育で修得した、建築計画・設計・生産などに関連する基礎的な知識・技術を踏まえて、都市及び町を構成する建築物を取り巻く環境の変化に有機的に対応する方策や事例等について、ストック活用を中心に講義した上で、設定された建築生産や建築プロジェクトに関連する課題に取り組み、プレゼンテーションを通して、モノ・コトとしての建築の企画・計画の知識・技術を深めるえることを目標とする。
そこで、建築と社会、経済行為そして再生プロジェクトについて講義を行った上で、これらに関連する演習及び発表・討議を通して企画と計画に関する専門的な知識を習得する。 
授業計画 第1回 建築と社会(1):建築を取り巻く社会環境の変化
第2回 建築と社会(2):建築を取り巻く社会環境の変化
第3回 経済行為としての建築(1):建築と資本・資産と株式会社
第4回 経済行為としての建築(2):空間の経済
第5回 建築再生手法(1):建築再生の仕事
第6回 建築再生手法(2):建築再生における建物診断
第7回 建築再生事例(1):国内事例(住宅・団地)
第8回 建築再生事例(2):国内事例(非住宅)
第9回 建築再生事例(3):海外事例(住宅・団地)
第10回 建築再生事例(4):海外事例(非住宅)
第11回 建築プロジェクト企画・計画(1)
第12回 建築プロジェクト企画・計画(2)
第13回 建築プロジェクト企画・計画(3)
第14回 建築プロジェクト企画・計画(4)
第15回 建築企画・計画論の討論・ディベード

適宜、課題発表を行う 
教科書・参考書等 適宜、プリントを配布する。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 配付資料、映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
各回の講義で紹介した事例と、学習した理論・原理との関係を必ず復習し理解を深めること 
履修上の注意
受講条件等
日本における建築計画、設計、生産マネジメントなどの建築学に関する専門知識が必要となるため、建築学を専攻する大学院生を条件とする 
成績評価の基準等 討議への参画状況、レポート・プレゼンテーションの内容(課題の理解度など)に従って成績評価する。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
建築計画などを企画・計画・研究する行政機関での実務経験のある教員が担当する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ