広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2021年度 開講部局 医系科学研究科博士課程前期
講義コード TB950801 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 遺伝カウンセリング特論
授業科目名
(フリガナ)
イデンカウンセリングトクロン
英文授業科目名 Genetic Counseling
担当教員名 檜井 孝夫,岡村 仁
担当教員名
(フリガナ)
ヒノイ タカオ,オカムラ ヒトシ
開講キャンパス 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 水3-4
授業の方法 講義・演習 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心 
単位 1.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 04 : 保健学
対象学生 博士課程前期1年
授業のキーワード 遺伝カウンセリング、面接技術、遺伝リテラシ―、倫理 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 A Guide to Genetic Counselingを輪読し、遺伝カウンセリング学についての総論、各論を学び、知識を身に付ける。 
授業計画 第1回 遺伝カウンセリング概論、認定遺伝カウンセラーの役割
第2回 遺伝カウンセリングの理論と技術(1)ラポールの構築、評価・マネジメント
第3回 遺伝カウンセリング記録
第4回 遺伝カウンセリングの理論と技術(2)面接の開始・主訴と問題の洗い出し・解釈モデル・病歴・家族歴
第5回 認定遺伝カウンセラーのスキル、遺伝カウンセリングの手順
第6回 遺伝カウンセリングの理論と技術(3)感情面の反応を理解する、非言語的コミュニケーション
第7回 遺伝カウンセリングの理論と技術(4)深刻な知らせを伝える、告知と受容支援
第8回 遺伝カウンセリングの理論と技術(5)意思決定支援、リスクパーセプション 
教科書・参考書等 Patricia McCarthy Veach・Bonnie S. LeRoy・Dianne M Bartels.,A Guide to Genetic Counseling. 2nd edition, Wiley-Blackwell Facilitating the Genetic Counseling Process: A Practice Manual,
飯島克己・佐々木将人監訳,メディカルインタビュー:三つの機能モデルによるアプローチ 第2版.(2003)メディカルサイエンスインターナショナル
千代豪昭,クライエント中心型の遺伝カウンセリング,(2008)オーム社
福嶋義光(編集),遺伝カウンセリングハンドブック.(遺伝子医学別冊MOOK),メディカルドゥ
松田一郎(監修)・福嶋義光(編集),遺伝医学における倫理的諸問題の再検討(2002)WHO
 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】  
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
毎回の授業で具体的に指示する。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業の受講態度,課題レポートにより総合的に判定する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 遺伝カウンセリングの理論と技術は、認定遺伝カウンセラーが最も身に付けるべき基本的姿勢です。知識を持って次の演習につなげましょう。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ