広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2021年度 開講部局 医系科学研究科博士課程
講義コード TB052201 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 研究方法論B
授業科目名
(フリガナ)
ケンキュウホウホウロンB
英文授業科目名 Methods in Biomedical Sciences B
担当教員名 吉栖 正生,吉永 信治,宮野 悟,池野 文昭,橋本 浩一,宿南 知佐,坂口 剛正,小澤 孝一郎,田原 栄俊,大上 直秀,入江 崇,檜山 英三,田代 聡,木下 恵美子,外丸 祐介
担当教員名
(フリガナ)
ヨシズミ マサオ,ヨシナガ シンジ,ミヤノ サトル,イケノ フミアキ,ハシモト コウイチ,シュクナミ チサ,サカグチ タケマサ,オザワ コウイチロウ,タハラ ヒデトシ,オオウエ ナオヒデ,イリエ タカシ,ヒヤマ エイソウ,タシロ サトシ,キノシタ エミコ,ソトマル ユウスケ
開講キャンパス 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 木13-14:医第5講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心
対面で行います 
単位 1.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 01 : 医学
対象学生 医系科学研究科 博士課程,博士課程後期
授業のキーワード 研究方法 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 「研究方法」をキーワードとして、広く実験技術とその背景にある医学・生物学的知識を学ぶ。
単に技術論に留まらず、研究の心構え(特に研究方法総論)や、講義担当者の研究の世界まで、
幅広い領域をカバーし大学院課程で学ぶ内容を豊富なものとする。 
授業計画  
   
4/8
がんのシステムズバイオロジー がんゲノム解析からネットワークへ
宮野 悟 【客員教授】
RI技術
小澤 孝一郞
     
4/15
医学研究における統計解析
吉永 信治
培養細胞実験とiPS細胞のトピックス
宿南 知佐
    
4/22
遺伝子発現プロファイリングと次世代シークエンシング
檜山 英三
siRNA、shRNAを用いた細胞機能解析法
田原 栄俊
      
5/6
パッチクランプ法の原理と応用
橋本 浩一
PCR法の原理と応用:COVID-19の診断も含めて
坂口 剛正
      
5/13
課題解決型から課題発見型への研究開発
池野 文昭 【客員教授】    
     
5/20
遺伝子改変動物の作製と応用
外丸 祐介
ウイルスベクター
入江 崇 
      
5/27  
分子病理学的解析法
大上 直秀
疾患遺伝子解析
久米 広大
      
6/3    
細胞画像解析
田代 聡
タンパク質の翻訳後修飾とプロテオーム解析技術
木下 恵美子
     
教科書・参考書等 授業時にそれぞれの教員から案内する。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料等 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
授業時にそれぞれの教員から案内する 
履修上の注意
受講条件等
客員教授の授業(宮野先生および池野先生)はぜひ出席のこと
内容が充実しているので、可能であれば全講義に出席してほしい 
成績評価の基準等 講義への出席を評価の基本とする。授業時にそれぞれの教員から課題が提示され、それを評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 講義は日本語で行われるが、海外からの留学生の理解を助けるため、
スライドや配付資料中に出来るだけ多く英語を入れるよう、授業担
当者に依頼している. 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ