広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2021年度 開講部局 トランスレーショナル・リサーチセンター(大学院)
講義コード 8G000501 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 バイオデザイン演習1
授業科目名
(フリガナ)
バイオデザインエンシュウ1
英文授業科目名 Seminar on Biodesign 1
担当教員名 木阪 智彦,池野 文昭,川瀬 真紀,松浦 康之
担当教員名
(フリガナ)
キサカ トモヒコ,イケノ フミアキ,カワセ マキ,マツウラ ヤスユキ
開講キャンパス 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 集中:スキルス・ラボ
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
演習・ディスカッション 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 01 : 医学
対象学生 医学・工学分野等の博士課程前期在籍者,社会人
授業のキーワード SDGs, デザイン思考, 医療機器開発 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 多職種のチーム単位で客観的評価指標を共有し,医療現場のニーズを出発点として質の高いアイデアを残すプロセスを実践する。アイデアの認識をチームで共通化し,初期段階から事業化の視点も検証しながら解決策を開発する。 
授業計画 第1回 バイオデザインの背景とデザイン思考を実践するための基礎知識
/全インド医科大学School of International Biodesign
第2回 [CS1]日印で近年開発され成功している医療機器について
/全インド医科大学School of International Biodesign
第3回 [CS2]標準化された手術・手技・治療方針の理解
/全インド医科大学School of International Biodesign
第4回 [WS1]討論 TBA
第5回 [CS3]医療機器の標準化と最新の動向/松浦康之
第6回 [WS2]Define-1回目 /木阪智彦
第7回 [WS3]Develop-1回目 /木阪智彦
第8回 [WS4]Deploy-1回目 /木阪智彦
第9回 [CS4]病院・施設内の臨床試験と現場観察に関する合意形成 /木阪智彦
第10回 [WS5]Define-2回目 TBA
第11回 [WS6]Develop-2回目 TBA
第12回 [WS7]Deploy-2回目 TBA
第13回 [CS5]知的財産権の基礎 /松浦康之
第14回 [WS8]本演習で習得するべきポイント/池野文昭(スタンフォード大学)
第15回 公開討論と総評/池野文昭(スタンフォード大学)

※客員教員の来日スケジュールの変更により,日程変更の可能性あり。
※CS:ケーススタディ,WS:ワークショップ 
教科書・参考書等 ステファノ・ゼニオスほか『バイオデザイン』薬事日報社
School of International Biodesign, 全インド医科大学, iフェローシッププログラムのためのハンドブック2017 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト・配付資料 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
毎回の授業で具体的に指示する。 
履修上の注意
受講条件等
個々の研究内容により,本時間以外に必要に応じて個別に作業することもある。 
成績評価の基準等 討議への積極的な参加の程度(40%)と,ワークショップでの発表内容(60%)を総合して評価します。   
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 講義は日本語で行われるが,履修生が国際プログラムであるバイオデザインのアウトラインを原語によって理解できるよう,スライドや配付資料中に出来るだけ多く英語を併記する。英語で行われる講義については,内容について専門的な知識を持つ研究者が同時通訳を担う。 
その他 すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ