広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2021年度 開講部局 トランスレーショナル・リサーチセンター(大学院)
講義コード 8G000101 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 バイオデザイン概論A1
授業科目名
(フリガナ)
バイオデザインガイロンA1
英文授業科目名 Lecture on Biodesign A1
担当教員名 木阪 智彦,河原 敦,松浦 康之,牧野 恵美
担当教員名
(フリガナ)
キサカ トモヒコ,カワハラ アツシ,マツウラ ヤスユキ,マキノ エミ
開講キャンパス 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 金11-12:詳細はシラバス参照
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
講義・ディスカッション 
単位 1.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 01 : 医学
対象学生 医学・工学分野等の修士課程・博士課程前期在籍者,社会人
授業のキーワード SDGs, デザイン思考, 医療機器開発 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 実臨床の現場観察から,気付かれていないニーズを掘り起こし,ニーズ解決の新しい機会を見つけるための問題発見解決プロセスを,(1)問題の洗い出し,(2)既存の解決法についての徹底的な調査,(3)革新的な解決法を導く手法,(4)社会的意義のある新たな価値の創出に至る思考方法から構成するカリキュラムで,系統的に体験的に学ぶ。なお,AIでは(1)(2)を重点的に学ぶ。 
授業計画 授業はすべてBb9から視聴するオンデマンド方式で実施します。ただし、6/18のみオンラインで実施します。
宿題・課題については、メールもしくはそれぞれの講義にて案内します

4/16 第1回 オリエンテーション /木阪智彦 ※オンデマンド
5/7  第2回 ニーズの特定(1) 探索:観察と課題の特定 (基礎)/木阪智彦 ※オンデマンド
5/21  第3回 ニーズの特定(2) 探索:ニーズの記述 (基礎)/木阪智彦 ※オンデマンド
6/4  第4回 ニーズの特定(3) 選択:疾病の基礎,既存の治療法 (基礎)/木阪智彦 ※オンデマンド
6/18  第5回 ニーズの特定(4) 選択:ステークホルダー分析,市場分析 (基礎)/牧野恵美 ※オンライン
原則オンラインですが、当日参加できなくとも不利益がないよう配慮します。オンデマンドでも受講できるようにグループワークの動画を配信します。コロナの状況により担当教員が判断しお知らせします
7/2  第6回 コンセプト創出(1) 選択:許認可規制制度,保険償還の基礎 (基礎)/河原敦(薬事コンサルタント)※オンデマンド
7/16  第7回 ニーズの特定(5) 選択:ニーズの絞込み (基礎)/松浦康之 ※オンデマンド
7/30  第8回 コンセプト創出(2) 創造:アイデア出しとブレインストーミング (基礎)/木阪智彦 ※オンデマンド

講義の最後に出席と理解度を確認する質問票をオンラインで提示する。提出期限までに提出された回答に基づいて評価を行う。 
教科書・参考書等 ポール・ヨック, ステファノ・ゼニオスほか『バイオデザイン』薬事日報社 (ISBN: 978-4-8408-1319-8)
SIB, 全インド医科大学『iフェローシッププログラムのためのハンドブック2017』BCIL
/PG Yock, S Zenios et al. "Biodesign: The Process of Innovating Medical Technologies" 2nd ed. (ISBN-13: 978-1107087354; ISBN-10: 110708735X)
School of International Biodesign "Handbook for iFellowship” organized by Biotech Consortium India Ltd. (BCIL), March 2017. 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト・配付資料 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
毎回の授業で具体的に指示する。 
履修上の注意
受講条件等
個々の研究内容により,本時間以外に必要に応じて個別に作業することもある。 
成績評価の基準等 授業の受講態度,課題レポートにより総合的に判定する。  
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
バイオデザイン所属の教員は全員が、知財化や事業化の経験を国内もしくは海外で有することから、実務経験に基づいて令和時代のリアルな産学官連携の姿について伝えることができりる。 
メッセージ 講義は日本語で行われるが,履修生が国際プログラムであるバイオデザインのアウトラインを原語によって理解できるよう,スライドや配付資料中に出来るだけ多く英語を併記する。 
その他 すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。
 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ