広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2021年度 開講部局 薬学部薬学科
講義コード I7084001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 日本薬局方演習
授業科目名
(フリガナ)
ニホンヤッキョクホウエンシュウ
英文授業科目名 Japanese Pharmacopoeia
担当教員名 黒田 照夫,森川 則文,紙谷 浩之,熊本 卓哉,野村 渉,高野 幹久,高橋 陵宇,小池 透,小澤 孝一郎,田原 栄俊,松浪 勝義,中島 一恵,湯元 良子,横大路 智治,垰越 崇範,森岡 徳光,中村 庸輝,宮良 政嗣,木下 恵美子,松尾 裕彰
担当教員名
(フリガナ)
クロダ テルオ,モリカワ ノリフミ,カミヤ ヒロユキ,クマモト タクヤ,ノムラ ワタル,タカノ ミキヒサ,タカハシ リョウウ,コイケ トオル,オザワ コウイチロウ,タハラ ヒデトシ,マツナミ カツヨシ,ナカシマ カズエ,ユモト リョウコ,ヨコオオジ トモハル,タオゴシ タカノリ,モリオカ ノリミツ,ナカムラ ヨウキ,ミヤラ マサツグ,キノシタ エミコ,マツオ ヒロアキ
開講キャンパス 開設期 5年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 月1-4,木1-4:第1講義室(薬)
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
講義中心、演習中心、学生の発表 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 03 : 薬学
対象学生 薬学科6年生
授業のキーワード 薬学総合理解、実務経験, cancer, infectious disease, human disease, human health, obesity, public health 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
薬学プログラム
(知識・理解)
・医薬品や無機・有機化合物の基本構造、物理的性質、反応性などの基本的知識と理解●資質⑤
・生体のホメオスタシス(恒常性)の維持機構とダイナミックな調節機構に関する知識と理解●資質⑤
・基本的な医薬品の薬理作用を化学構造と関連づけて思考する能力●資質⑤
・臨床検査値の異常から推測される主な疾患を挙げることができる能力・技能●資質⑥
(能力・技能)
・日本薬局方収載の代表的な医薬品の分析・解析をおこなうことができる。●資質⑤
・日本薬局方の製剤に関する代表的な試験法を行い、品質管理を行うことができる。●資質⑤ 
授業の目標・概要等 6年次までに学修して来た内容について総合理解をする目的で行われる。理解の確認のために演習形式も取り入れている。 
授業計画 第1回
国家試験ガイダンス/微生物学
(黒田 照夫)
第2回
基礎薬学 物理化学
(小池 透)
第3回
基礎薬学 有機化学
(熊本 卓哉)
第4回
生薬・天然物化学
(松浪勝義)
第5回
放射化学
(小澤 孝一郎)
第6回
分析化学
(紙谷 浩之)
第7回
基礎薬学 生物化学
(野村 渉)
第8回
衛生薬学
(古武 弥一郎)
第9回
薬物動態学会
(高野 幹久)
第10回
薬物治療学
(森川 則文)
第11回
薬理学
(森岡 徳光)
第12回
病院薬剤学
(松尾 裕彰)
第13回
薬物療法開発学
(横大路 智治)
第14回
微生物学
(黒田 照夫)
第15回
分子生物学
(田原 栄俊) 
教科書・参考書等 特にありません 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
毎回の演習に対する予習復習は必須です。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 各回の試験10点x15回の合計150点を100点換算して評価する。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
薬剤師業務に携わった経験を持つ教員が、病院・薬局での業務に関する実践的能力について演習形式で指導する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ