広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2021年度 開講部局 医学部医学科
講義コード I1600001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 症候診断治療学
授業科目名
(フリガナ)
ショウコウシンダンチリョウガク
英文授業科目名 Symptomatology, Diagnosis and Treatment
担当教員名 蓮沼 直子,岡村 祥央,光原 崇文,田原 裕之,宇都宮 裕人,宮森 大輔,亭島 淳,宮田 義浩,大下 智彦,服部 稔,堀益 靖,小林 知貴,木田 佳子,後藤 景介,大木 伸吾,坂本 信二郎,長野 学,沖 健司,亀井 直輔
担当教員名
(フリガナ)
ハスヌマ ナオコ,オカムラ ショウ,ミツハラ タカフミ,タハラ ヒロユキ,ウツノミヤ ヒロト,ミヤモリ ダイスケ,テイシマ ジュン,ミヤタ ヨシヒロ,オオシタ トモヒコ,ハットリ ミノル,ホリマス ヤスシ,コバヤシ トモキ,キダ ヨシコ,ゴトウ ケイスケ,オオキ シンゴ,サカモト シンジロウ,ナガノ ガク,オキ ケンジ,カメイ ナオスケ
開講キャンパス 開設期 4年次生   前期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中:医第1講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
演習中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表 
単位 9.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 01 : 医学
対象学生 医学科4年生
授業のキーワード 症状、徴候、鑑別診断、テュートリアル,実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
医学プログラム
(知識・理解)
・器官・システムとその破綻による疾患に関する知識・理解
・全身性疾患とその制御に関する知識・理解
(能力・技能)
・問題解決能力
(態度)
・プロフェッショナリズム
・チーム医療・他者との協働 
授業の目標・概要等 医学教育センターHP、医学部医学科授業概要を参照のこと。 http://home.hiroshima-u.ac.jp/mededu/index.html 
授業計画 医学教育センターHP、医学部医学科授業概要を参照のこと。 http://home.hiroshima-u.ac.jp/mededu/index.html 
教科書・参考書等 医学教育センターHP、医学部医学科授業概要を参照のこと。 http://home.hiroshima-u.ac.jp/mededu/index.html 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 医学教育センターHP、医学部医学科授業概要を参照のこと。 http://home.hiroshima-u.ac.jp/mededu/index.html 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
医学教育センターHP、医学部医学科授業概要を参照のこと。 http://home.hiroshima-u.ac.jp/mededu/index.html 
履修上の注意
受講条件等
医学教育センターHP、医学部医学科授業概要を参照のこと。 http://home.hiroshima-u.ac.jp/mededu/index.html 
成績評価の基準等 医学教育センターHP、医学部医学科授業概要を参照のこと。 http://home.hiroshima-u.ac.jp/mededu/index.html 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
大学病院で臨床にかかわる医師がシナリオの患者・症例について解説・指導を行う。 
メッセージ 医学教育センターHP、医学部医学科授業概要を参照のこと。 http://home.hiroshima-u.ac.jp/mededu/index.html 
その他 医学教育センターHP、医学部医学科授業概要を参照のこと。 http://home.hiroshima-u.ac.jp/mededu/index.html 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ