広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2021年度 開講部局 法学部法学科夜間主コース
講義コード F0040340 科目区分 専門教育科目
授業科目名 政策システム論
授業科目名
(フリガナ)
セイサクシステムロン
英文授業科目名 Policy System
担当教員名 茂木 康俊
担当教員名
(フリガナ)
モテキ ヤストシ
開講キャンパス 東千田 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 木11-12:オンライン,東千田S206講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
 
主にオンライン授業(同時双方向型・オンデマンド型の併用)。対面授業は数回の予定。講義中心。期末試験は対面で行う予定です。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 02 : 政治学
対象学生 3年次生以上
授業のキーワード 政策の循環、地方自治体、行政需要、民意の調達、合理的意思決定、漸変主義、第一線職員、能率性と有効性
 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
公共政策プログラム
(知的能力・技能)
・現代の政治過程や社会構造において生じる諸問題について、資料・情報を批判的に分析・検討することができる 
到達度評価
の評価項目
法政総合プログラム
(能力・技能)
・現代の政治,社会,国際情勢に関する諸問題について,資料・情報を批判的に分析・検討することができる 
授業の目標・概要等 政策がどのように形成され、それがどのように実施されているのかを科学的に検討するのが政策システム論の主な内容です。日本の行政学が研究と教育で力を入れている地方自治分野を事例に論じます。理論的には、政策形成については意思決定に関する政治学や経営学からの膨大な知見が存在しています。また政策実施(執行)に関しては行政学において研究の蓄積が存在しています。このような政策過程の分析視角となりうる理論枠組をあらかじめ検討した上で、実際の個別政策について政策形成とその執行について検討を行いたいと考えています。この「政策システム論」は、別学期に開講の「行政学」と対をなし、内容を補完する構成にしています。行政学の全体像を把握したい方は両科目の受講をおすすめします。 
授業計画 地方行政・地方自治の概要 1章
地方自治の制度(1) 2章
地方自治の制度(2) 3章
地方自治の制度(3) 4章
地方行政の機構(1) 5章
地方行政の機構(2) 6章~7章
地方自治体の政策(1) 8章~9章
地方自治体の政策(2) 10章~11章
地方自治体の政策(3) 12章~13章
地方自治体の政策(4) 14章~15章
地方自治体の管理論(1) 16章~17章
地方自治体の管理論(2) 18章~19章
地方自治の住民論(1) 20章~21章
地方自治の住民論(2) 22章
地方行政・地方自治の諸課題

中間レポートを課す。期末試験を行う(予定)。 
教科書・参考書等 [教科書]礒崎初仁・金井利之・伊藤正次 『ホーンブック地方自治[新版]』(北樹出版、2020年)。
[参考書1]西尾勝『行政学[新版]』有斐閣、2001年。
[参考書2]Innovation Network, Inc.『政策評価・行政評価のためのロジックモデル・ワークブック』(広島大学地域経済システム研究センター、2014年)。
[参考書3]OECD編著・平井文三訳『図表でみる世界の行政改革:OECDインディケータ(2015年版)』明石書店、2016年。 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト、配付資料(電子媒体)、必携PC。 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
教科書の指定箇所を予習復習する。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 期末試験(筆記試験)を中心に成績評価を行います(予定)。
 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ シラバスは変更の可能性があります。
新型コロナウイルス感染症への対応のため、講義は主にMicrosoft StramおよびTeams等を用いた遠隔授業(広島大学「COVID-19対応授業実施検討タスクフォース」が示す基準に準拠)で行います(SlideShareの閲覧、Streamの動画ファイルの視聴、およびMicrosoft Teamsの会議機能の利用。Bb9の教材機能を使用。)。
履修登録した方についてBb9とTeamに登録します。Bb9またはMyもみじを通じて、受講方法について連絡します。初回はMicrosoft Teamsを用いた同時双方向で実施予定。 
その他 身体等に障害のある方や各種の疾患のため修学上の合理的な配慮・調整・支援が必要な方について対応します。その場合は、アクセシビリティセンターや支援室を通じて、必要な手続を行ってください。障害等に応じて、追加資料の交付や試験の特別措置等で対応します。
https://www.achu.hiroshima-u.ac.jp/tebiki/ 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ