広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 先進理工系科学研究科博士課程前期先進理工系科学専攻理工学融合プログラム
講義コード WSQN0401 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 Development Technology
授業科目名
(フリガナ)
 
英文授業科目名 Development Technology
担当教員名 TRAN DANG XUAN,張 峻屹,保坂 哲朗,李 漢洙,久保田 徹,力石 真,張 潤森,鹿嶋 小緒里,NGUYEN VAN QUAN
担当教員名
(フリガナ)
チャン ダン スアン,チョウ シュンキツ,ホサカ テツロウ,リー ハンスウ,クボタ テツ,チカライシ マコト,チョウ ジュンシン,カシマ サオリ,グエン バン クアン
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 金1-4:国際201号
授業の方法 講義・演習 授業の方法
【詳細情報】
授業及び発表 
単位 4 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 本講義では,途上国の環境的に持続可能な発展を実現するために必要な技術を,都市・交通工学,エネルギー技術,生物生産技術,リスク管理技術という4つの分野に分ける。まず,それぞれの分野における基礎的な理論・技術を概説し,その理論・技術の応用事例を紹介する。次に,グループワークを通じて,途上国の環境的に持続可能な発展に関わる具体的な課題を取り上げ,その解決方法を提案し,修得した理論・技術の応用方法を学ぶ。これらを通じて,分野横断の視点から,各種開発技術が環境的に持続可能な発展に如何に寄与するかについてロジカルに考えることのできる学生の専門能力を育成する。 
授業計画 第1回 ガイダンス(Tran Dang Xuan,Nguyen Van Quan)
第2回 都市・交通工学:地域・都市・交通インフラの調整(Zhang Junyi )
第3回 環境と健康(Kashima)
第4回 分野横断技術 (Zhang Rusen)
第5回 建築の省エネルギー技術 (Kubota)
第6回 地球システム科学とそのモデリング技術(Lee)
第7回 農業生産技術 (Tran Dang Xuan)
第8回 生物多様性の保全と生態系管理手法 (Hosaka)
第9回 気候変動に対応したリスク管理技術(Chikaraishi)
第10回 過去の学生発表に関する論評 (Nguyen Van Quan, Tran Dang Xuan)
第11回 中間発表会 (All instructors)
第12回 グループワーク(All instructors)
第13回 グループワーク(All instructors)
第14回 グループワーク(All instructors)
第15回 最終発表会 (All instructors) 
教科書・参考書等 講義PPT教材を配布
カンボジア及びバングラデシュにおけるそれぞれ貧困減少及び気候変動の影響を低下する研究
 
授業で使用する
メディア・機器等
The lecture will be temporarily conducted online until the Corona virus epidemic becomes stable. Contact to the Professor as well as Teaching Assistant as soon as possible to receive the online study guidance. The lecture as scheduled might be a little late until the online study preparation is completed. 
予習・復習への
アドバイス
各グループ発表 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 毎回の小テスト(30%),報告書(30%),最終発表(40%)の総合点で評価する。
Excellent: S or >90, Superior: A or >80, <90, Good: B or >70, <80, Fair: C or >60, <70, Fail: D or <60
 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ