広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 先進理工系科学研究科博士課程前期先進理工系科学専攻理工学融合プログラム
講義コード WSQB0801 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 相関系物質論
授業科目名
(フリガナ)
ソウカンケイブッシツロン
英文授業科目名 Correlated Materials Science
担当教員名 荻田 典男,乾 雅祝,長谷川 巧
担当教員名
(フリガナ)
オギタ ノリオ,イヌイ マサノリ,ハセガワ タクミ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 月1-4:総H110
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 06 : 物理学
対象学生 総合科学研究科前期課程院生
授業のキーワード 強相関電子系,電子相関,遷移金属化合物,光散乱,相関関数とスペクトル 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 電子相関が顕著になる現象は主に遷移金属化合物で出現する。特に強相関電子系と呼ばれる物質群では磁性・電気伝導・構造などが絡みあい、種々の状態が出現する。本講義は、前半は強相関電子系における物理的性質の特徴を紹介し、後半で微視的立場からの情報が得られる光散乱について紹介する。前後半どちらも、電子相関が関与する新しい概念や機能物質の解明・創造を可能にする能力を身につけさせるために、基礎から始めて応用まで講義する。
【オムニバス方式】
(宇田川眞行) 前半の強相関電子系の物理的性質について担当。
(荻田典男)  後半の光散乱の部分を担当
 
授業計画 第1回 講義のガイダンス
第2回 結晶の対称性と群論
第3回 結晶の対称性と群論
第4回 結晶の対称性と群論
第5回 結晶の対称性と群論
第6回 結晶の対称性と群論
第7回 結晶の対称性と群論
第8回 光散乱の基礎(概要)
第9回 光散乱の基礎(双極子放射)
第10回 光散乱の基礎(相関関数とスペクトル)
第11回 光散乱の基礎(種々の物質の光散乱)
第12回 光散乱の基礎(装置)
第13回 光散乱と強相関電子系
第14回 光散乱の強相関電子系
第15回 光散乱の応用

レポートを課する。
 
教科書・参考書等 必要な資料を適宜配付する。 
授業で使用する
メディア・機器等
プリント 
予習・復習への
アドバイス
復習で講義内容を理解すること。進度状況によって内容が異なるので各回については紹介しない。 
履修上の注意
受講条件等
特になし。 
成績評価の基準等 レポート50%と出席50%で評価。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 復習を必ず行うこと。 
その他 使用言語:日本語、英語、または日本語英語併用。受講生の使用言語を考慮し、一回目の講義時に知らせる。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ