広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 人間社会科学研究科博士課程後期
講義コード WKA20050 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 プロジェクト研究
授業科目名
(フリガナ)
プロジェクトケンキュウ
英文授業科目名 Project Research
担当教員名 久保田 啓一,山田 宏,吉田 修,秋野 成人,松見 法男,手塚 貴大,相馬 敏彦,山口 力,辻 学,馬場 卓也,金子 慎治,森田 愛子,湯澤 正通
担当教員名
(フリガナ)
クボタ ケイイチ,ヤマダ ヒロシ,ヨシダ オサム,アキノ シゲト,マツミ ノリオ,テヅカ タカヒロ,ソウマ トシヒコ,ヤマグチ チカラ,ツジ マナブ,ババ タクヤ,カネコ シンジ,モリタ アイコ,ユザワ マサミチ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 集中:講義室未定
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、作業 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 7 : 大学院発展的レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 09 : 大学院共通
対象学生 人間社会科学研究科生
授業のキーワード プロジェクト 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 主指導教員又は主指導教員以外の教員が行う研究プロジェクトに参加し,プロジェクトの目的を達成するためにどのような活動,協働が行われ,得られた成果が社会に還元されていくのかを体験する。プロジェクトに参加する複数の分野の教員や学生と交流することにより,多角的で広い視野を獲得するとともに,チームの一員あるいはリーダーとして活動を通じて個人としての成果と組織としての成果の両方を挙げていくことのできるセンスを身に付ける。 
授業計画 第1回 ガイダンス プロジェクト選択
第2回 プロジェクト実践 1

第3回 プロジェクト実践 2
第4回 プロジェクト実践 3
第5回 プロジェクト実践 4
第6回 プロジェクト実践 5
第7回 プロジェクト実践 6
第8回 プロジェクト実践 7
第9回 プロジェクト実践 8
第10回 プロジェクト実践 9
第11回 プロジェクト実践 10
第12回 プロジェクト実践 11
第13回 プロジェクト実践 12
第14回 プロジェクト実践13
第15回 総括

各担当教員の指示による。 
教科書・参考書等 各担当教員の指示による。 
授業で使用する
メディア・機器等
各担当教員の指示による。 
予習・復習への
アドバイス
各担当教員の指示による。 
履修上の注意
受講条件等
授業への出席回数が全体の3分の2に満たない場合は,期末試験の受験資格,期末レポート等の提出資格が得られない。授業に出席の際は必ず学生証を持参すること。 
成績評価の基準等 各教員の指示による。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ