広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 人間社会科学研究科博士課程後期教育科学専攻教育学プログラム
講義コード WNCD0050 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 教育学共同研究講究
授業科目名
(フリガナ)
 
英文授業科目名 Research into Educational Joint Research
担当教員名 山田 浩之,三時 眞貴子,杉田 浩崇,小川 佳万
担当教員名
(フリガナ)
ヤマダ ヒロユキ,サントキ マキコ,スギタ ヒロタカ,オガワ ヨシカズ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中:講義室未定
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
ディスカッション、学生の発表、海外への渡航 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 7 : 大学院発展的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生 教育学プログラム限定
授業のキーワード 共同研究 国際ネットワーク 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 現在の教育学研究では海外,また国内でも多様な地域との共同が求められている。一事例や狭い地域に限定されず,広い視野で教育現象を観察する必要がある一方で,海外をも含めた多くの地域で教育に関する共通の課題や問題が生じるようになっている。本講義では国内外の研究者との国際的な課題に関する共同研究やシンポジウム,また,海外の研究拠点や学校などの視察を通じて,現在の教育,および教育学をめぐる課題を理解し,グローカルな視点から研究を進めるための知識と技術を習得する。 
授業計画 第1回 オリエンテーション
第2回ー第15回 共同研究に実際に従事する
第16回 振り返り 
教科書・参考書等 特になし 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料, 
予習・復習への
アドバイス
本授業に関係する共同研究のみならず、学内外の様々な研究セミナーや研究会に積極的に参加し、共同研究の手法について学ぶ姿勢を持ってください。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 発表準備や発表内容など、総合的に判断する 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 共同研究の内容に応じた海外渡航の可能性があります。
事前に必ず主担当の山田先生に場所等について確認してください。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ