広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 人間社会科学研究科専門職学位課程実務法学専攻実務法学プログラム
講義コード PA349511 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 刑法演習1
授業科目名
(フリガナ)
 
英文授業科目名 Seminar of Criminal Law I
担当教員名 秋野 成人
担当教員名
(フリガナ)
アキノ シゲト
開講キャンパス 東千田 開設期 2年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 火5-6
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
比較的シンプルな事例問題を授業素材として次々提供し、質疑応答や議論を通じてその解決の方向性を探るとともに、全体構造・構図において何が問題となりうるのかを見極め、どのように問題解決プロセスを論述するかのが適切であるのかを検討する。

1)各自の基本書等を、単元を超えて横のつながりを意識させる目的での質疑応答を中心とする。
2)論理的思考として類推か区別かを判断し、整理された知識を活用するモデルとして事例問題を検討する。 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 01 : 法学
対象学生 2年次
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
選択必修【a法律基本科目】 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 【目標】
 基本・基礎にあたる知識をより深く理解することによって、犯罪論の全体構造・構図を描きつつ、問われる問題点をどこにいかに位置づけられるかを自分で考えられ、基本・基礎と全体構造とのつなぎ合わせの中でその問題の解決にとって重要な概念を適切にピックアップしその解決への論理的思考を展開できる。
【概要】
 刑法の基本・基礎的な知識を理解していることを踏まえ,個々の知識をつなげてより深く理解し整理定着させる学修を自ら行うことができるように,犯罪論の全体構造・構図(体系的理解のためのツール)を描き,そこに問われる問題点を位置づけ,問題点にかかわる諸概念との整合性を図ることを通じて,問題解決への論理的思考を展開させるための「区別(Distinction)」が特に重視される。授業形態は,質疑応答や議論を中心としつつ,比較的シンプルな事例問題を次々とこなしながら,全体構造・構図のどこにどのようなライトが当てられているのかを見極め,論理展開とその論述表記が適切であるかを確認していく。 
授業計画 第1回 条文解釈と刑法理論➀―実行行為と因果関係-
第2回 条文解釈と刑法理論➁-故意と錯誤― 
第3回 条文解釈と刑法理論➂―財産犯の保護法益―
第4回 犯罪論体系における概念の相互関係➀―構成要件と違法性―
第5回 犯罪体系論における概念の相互関係➁―違法性と責任―
第6回 概念の比較分析➀―正犯と共犯―
第7回 概念の比較分析➁―財産犯のカテゴリー化―
第8回 概念の比較分析➂―帰責根拠と因果性― 
 
教科書・参考書等 受講生各自の基本書等 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,TKCにアップされた授業内容等の告知に留意すること 
予習・復習への
アドバイス
授業において取り上げるテーマにつき自らの基本書等で当該領域の基礎的・基本的な概念及び定義を確認しておくこと。各授業回の予習等の詳細はTKCにて必ず確認すること。

 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業時に適宜実施する小テスト(合計30%)及び期末試験(70%)とを単純合算して成績評価を行う。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ