広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 人間社会科学研究科専門職学位課程実務法学専攻実務法学プログラム
講義コード PA346814 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 刑法B演習
授業科目名
(フリガナ)
ケイホウBエンシュウ
英文授業科目名 Seminar of Criminal law B
担当教員名 秋野 成人
担当教員名
(フリガナ)
アキノ シゲト
開講キャンパス 東千田 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 木5-6
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
質疑応答を中心とした演習中心、板書多用 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 01 : 法学
対象学生 1年次
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
必修【a法律基本科目】 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 【目標】
1.典型事例をを素材に、事案解決の基礎を修得する。
2.事例における具体的事実が、条文や規範との関係においてどのような意味を有するのかを説明できる。
3.事案を解決するまでの法理論的思考のプロセスを論理的な文章で表現できる。
【概要】
 条文及びその解釈に基づく論理と、明文上規定のない刑法理論として展開される論理とを用いて、具体的事例を解決するプロセスを学ぶ。個々の犯罪類型につき典型事例や裁判例を素材にしてその解決に必要な理論や規範がどこからいかに導かれるのか、その規範を具体的事実にどのようにあてはめて結論を得るのかというプロセス的思考を修得できるよう、受講生の論述を素材に双方向・多方向での検討の機会を多く設けて、論理を積み重ねていくプロセスをチェックする目を養う。
 事例問題の処理に向けて、具体的事実から問題点を抽出し、解決のための法理論を選択、そこから規範を定立し、事実に当てはめて結論を得るというプロセスを表現する基本的な論述スキルを修得するとともに、「比較」の視点から、刑法理論における相違や事実の規範的意味における相違などに気がつき対応できるように理解を深める。
 
授業計画 第1回 条文文言の解釈の相違を生み出す議論-「暴行」概念を素材に
第2回 条文の文言に注意することで導ける議論-財産犯の保護法益
第3回 処罰範囲を拡張する議論➀-条文の趣旨から
第4回 処罰範囲を拡張する議論➁-「偽造」概念を素材に
第5回 処罰範囲を限定する議論
第6回 「危険」概念をめぐる議論-条文、危険犯と実行行為の危険
第7回 行為後の事情を犯罪成立要件に取り込む議論―主観的要素
第8回 基本的構成要件を修正する条文の扱い 
教科書・参考書等 井田良・佐藤琢磨編著『よくわかる刑法 第3版』ミネルヴァ書房 2018年 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
『よくわかる刑法 第3版』につき、以下の該当箇所を予習してください。各授業回の予習等の詳細はTKCで必ず確認すること。

第1回 第2部 刑法各論 Ⅰ 個人的法益に対する罪 4 暴行と傷害
                           22 暴行・脅迫後の領得意思
第2回 第2部 刑法各論    Ⅰ 個人的法益に対する罪 19 財産犯の保護法益
第3回 第2部 刑法各論    Ⅰ   個人的法益に対する罪   5 同時傷害の特例         第4回 第2部 刑法各論 Ⅱ 社会的法益に対する罪 4 偽造罪の全体構造
                           5 文書の意義
                           6 私文書における名義人の特定
                           7 公文書偽造罪をめぐる諸問題
第5回 第2部 刑法各論 Ⅰ 個人的法益に対する罪 3 殺人罪と同意殺人罪の限界
第6回 第2部 刑法各論   Ⅱ 社会的法益に対する罪  1  放火罪の全体構造
                           2 現住性の意義
                           3 焼損概念
第7回 第2部 刑法各論 1 個人的法益に対する罪 12 名誉の概念
                          13 真実性の証明
                          21 不法領得の意思
第8回 第1部 刑法総論 Ⅳ 未遂犯  1 未遂犯と実行の着手
              Ⅴ 共犯   1 正犯と共犯
                    4 共同正犯
                    6 共犯の因果性    
               


                         
    
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業時に適宜実施する小テスト(合計30%)と期末試験(70%)とを単純合算して成績評価を行う。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ