広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 人間社会科学研究科博士課程前期人文社会科学専攻
講義コード WMA11001 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 人文社会科学と社会 2c
授業科目名
(フリガナ)
ジンブンシャカイカガクトシャカイ
英文授業科目名 Humanities and Social Sciences and Society
担当教員名 相馬 敏彦,白井 純,岩崎 克己,岡田 昌浩,中川 雅央,友田 康信,川島 優子,硲 智樹,今道 晴彦,中尾 敬,永山 博之,小柏 葉子,中山 富廣,後藤 拓也,江頭 大藏,鈴木 玉緒,宮永 文雄,尾形 明子
担当教員名
(フリガナ)
ソウマ トシヒコ,シライ ジュン,イワサキ カツミ,オカダ マサヒロ,ナカガワ マサオ,トモダ ヤスノブ,カワシマ ユウコ,ハザマ トモキ,イマミチ ハルヒコ,ナカオ タカシ,ナガヤマ ヒロユキ,オガシワ ヨウコ,ナカヤマ トミヒロ,ゴトウ タクヤ,エガシラ ダイゾウ,スズキ タマオ,ミヤナガ フミオ,オガタ アキコ
開講キャンパス 東千田 開設期 1年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 火11-12,水11-12:講義室未定
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
オンラインで実施する(詳しくは初回のガイダンス、ならびにBb9を参照すること)
受講生への連絡や課題の指示はBb9を通じて与えられる 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 09 : 大学院共通
対象学生 人文社会科学専攻生
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 人文科学,社会科学の諸分野における研究が社会にどのような影響を及ぼし,また社会からどのような影響を受けてきたのかについて,自然科学や生命科学を含む他分野との関連も踏まえて解説する。それぞれの分野と社会との繋がりを学ぶことにより,人文科学,社会科学が今後の社会の形成においてどのような役割を期待されているのかの理解につなげる。また,受講生自身の研究テーマが人間社会の発展にどのような関与をし得るのかを考察することにより,研究意欲の向上を目指す。 
授業計画 第1回  ガイダンスとして,本講義の全体像を解説する。服従をめぐる社会心理学の知見が、どのような社会的影響をもつのかを概説する。服従をめぐる社会心理学の知見が、どのような社会的影響をもつのかを概説する。【相馬敏彦 6月16日 東千田】

第2回 多文化社会,比較文化などの分野と社会との関りについて,他の諸分野との関連を踏まえて解説する。ヨーロッパの言語を介した新しい文化・宗教・学問等との接触が日本社会にどのような影響を与えたのかを、16世紀末の言語資料であるキリシタン版を取り上げて概説する。【白井純 6月17日 西条】

第3回 哲学,倫理学,思想文化などの分野と社会との関りについて,他の諸分野との関連を踏まえて解説する。フランクフルト学派、とくにユルゲン・ハーバーマスの社会理論について解説する。【硲智樹 6月23日 西条】

第4回 日本史学,東洋史学,西洋史学などの分野と社会との関りについて,他の諸分野との関連を踏まえて解説する。「封建制」「共同体」論が戦後の日本社会に如何なる影響を与えたのか、日本資本主義論争なども紹介しながら、その功罪を考察する。【中山富廣 6月24日 東千田】

第5回 地理学,考古学,文化財学などの分野と社会との関りについて,他の諸分野との関連を踏まえて解説する。日本における「村おこし」がどこで発祥し,どのように地域的展開をみせたのかを,人文地理学の視点から概説する。【後藤拓也 6月30日 東千田】

第6回 日本語学,日本文学,中国語学,中国文学,英米文学語学などの分野と社会との関りについて,他の諸分野との関連を踏まえて解説する。江戸時代の日本人が、中国の小説をどう受容したのかということについて、様々な資料を用いて概説する。【川島優子 7月1日 東千田】

第7回 日本語学,日本文学,中国語学,中国文学,英米文学語学などの分野と社会との関りについて,他の諸分野との関連を踏まえて解説する。データに基づく言語研究について概説するとともに,その問題点について考察する。【今道晴彦 7月7日 東千田】

第8回 経済学に関する分野を中心として,社会との関りについて他の分野との関連を踏まえて解説する。人口成長率が経済活動にどのような影響を与えるかを解説し、少子高齢化の影響を議論する。【中川雅央 7月8日 西条】

第9回 経営学に関する分野を中心として,社会との関りについて他の分野との関連を踏まえて解説する。グローバル化が現代国際社会にどのような影響をもたらしているのか考察する。【小柏葉子 7月15日 東千田】

第10回 法学に関する分野を中心として,社会との関りについて他の分野との関連を踏まえて解説する。学問としての法律学の社会への影響、および他領域との相互影響について講ずる。【岡田昌浩 7月21日 東千田】

第11回 政治学に関する分野を中心として,社会との関りについて他の分野との関連を踏まえて解説する。政治学が現実のツールとしてどのように利用可能なのか、権力と政策を通じて考える。【永山博之 7月28日 西条】

第12回 心理学・行動科学に関する分野を中心として,社会との関りについて他の分野との関連を踏まえて解説する。実験系の心理学と社会との関わりについて概説する。【中尾敬 7月29日 東千田】

第13回 心理学・行動科学に関する分野を中心として,社会との関りについて他の分野との関連を踏まえて解説する。臨床心理学と社会とのつながりについて概説する。【尾形明子 8月4日 東千田】

第14回 社会学に関する分野を中心として,社会との関りについて他の分野との関連を踏まえて解説する。社会学の考え方の特徴と研究の歩みについて概説する。【鈴木玉緒 8月5日 西条】

第15回 心理学・行動科学に関する分野を中心として,社会との関りについて他の分野との関連を踏まえて解説する。言語および言語教育に対する考え方の歴史的な変遷を背景に、外国語教育学と現代社会の関わりについて概説する。【岩崎克己 8月12日 東千田】


2-14回では、毎回小テストを実施する。 
教科書・参考書等 第3回;参考書:中岡成文『増補 ハーバーマス』ちくま学芸文庫、2018
他は、適宜授業で紹介する

 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料)
本授業は東広島・東千田キャンパス間の双方向通信授業である。 
予習・復習への
アドバイス
第1回;予習として、事前に資料に目をとおしておくこと。復習として、とりあげたトピックに基づいて改めて社会科学と社会との関わりについて考えること。

第2回;予習:資料を読んでおくこと。復習:授業で紹介した内容について自分ならどう考えるのか検討すること。

第3回;予習復習のため教科書・参考書欄に挙げている参考書を読んでおくとよいでしょう。

第4回;日本の江戸時代がどのような社会であったのか、各自自分なりのイメージを持って授業に臨んでほしい。

第5回;予習:自分の身近に「村おこし」に取り組んでいる地域がどれくらいあるかを知っておくこと。復習:授業で取り上げたテーマに基づき人文地理学と社会の関わりについて各自が考えること。

第6回;『水滸伝』について予備知識を得ておくことが望ましい。復習として、授業でとりあげたテーマを参考に、文学と「文化」「社会」の関わりについて各自が考えること。

第7回;予習として,コーパス言語学・計量言語学の入門書に目をとしておくこと。復習として,授業で取り上げた話題について,各自履修する外国語を当てはめて考えて見ること。

第8回;余裕があれば、David Wailの経済成長論の4章と5章に目を通してください。また少子高齢化の問題を各々の専門分野の観点から考察してください。

第9回;日々のニュースと授業内容をリンクさせ予習、復習をしてください

第10回;予習:まずは各自「法」に関して関心をもって周囲を見てもらいたい。
復習:改めて法学と社会との関係を考えてほしい。

第11回;政治学者は政治家をできるのかという問いについて、事前に考えておいてください。

第12回;予習として、事前に資料に目をとおしておくこと。復習として、とりあげたトピックに基づいて改めて社会科学と社会との関わりについて考えること。

第13回;予習として、事前に資料に目をとおしておくこと。復習として、とりあげたトピックに基づいて改めて社会科学と社会との関わりについて考えること。

第14回;参考文献を講義中に紹介します。

第15回;予習として、事前に資料に目をとおしておくこと。復習として、とりあげたトピックに関する簡単な小レポート(日本語400〜600字程度または英語200語〜300語程度)を書き、メール添付等の形で5日以内に送付すること。

 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 成績は,各回における小テストもしくは課題の総計により評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ