広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 人間社会科学研究科博士課程前期人文社会科学専攻人間総合科学プログラム
講義コード WMJ61101 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 社会構造論
授業科目名
(フリガナ)
シャカイコウゾウロン
英文授業科目名 The Sociology of Social Structure
担当教員名 園井 ゆり,材木 和雄
担当教員名
(フリガナ)
ソノイ ユリ,ザイキ カズオ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 火5-8:オンライン
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
Participation and Discussion 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 05 : 社会学
対象学生  
授業のキーワード social structure, social change, modernization 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 By the end of this course the student will be able to:
1) Describe the features of modernization theory.
2) Analyze the modernization process in Japanese society from the viewpoint of social structure.
3) Suggest the future prospects of industrial societies.   
授業計画 1.Introduction
2.The Theoretical Perspectives on Modernization Theory (1) The Public/Private Sector of Society
3.The Theoretical Perspectives on Modernization Theory (2) The Modernization and the Industrialization
4.The Theoretical Perspectives on Modernization Theory (3) The Concept of Social Structure and Social Change
5.Contemporary Family Issues in Japan (1) The Demographic Transition Patterns and Their Impact on Population Decline
6.Contemporary Family Issues in Japan (2) 
7. Urbanization and Modernization (1)
8. Urbanization and Modernization (2)
9. The Impact of Modernization on Social Organizations (1)
10. The Impact of Modernization on Social Organizations (2)
11.The Social Stratification and Social Change (1)
12.The Social Stratification and Social Change (2)
13.The Nation-State and Modernity
14.Group Discussions
15.Conclusions

Term Paper Writing 
教科書・参考書等 1. Kenichi Tominaga, The Theory of Modernization, Kodansha, 1996.
2. Rostow,W.W., The Stages of Economic Growth, Cambridge UP., 1960. etc.   
 
授業で使用する
メディア・機器等
Required texts 
予習・復習への
アドバイス
Students are expected to discuss the contemporary issues being debated in the public form from the standpoint of the social structure, modernization, and social change. It is important for students to organize their arguments by reading the relevant required texts well in advance of each class. 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 Term papers (80%), Regular participation (20%). 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ