広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 人間社会科学研究科博士課程前期人文社会科学専攻人間総合科学プログラム
講義コード WMJ60001 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 宗教学
授業科目名
(フリガナ)
シュウキョウガク
英文授業科目名 Religious Studies
担当教員名 辻 学,杉木 恒彦
担当教員名
(フリガナ)
ツジ マナブ,スギキ ツネヒコ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 月7-8,水3-4:総K111
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書多用、ディスカッション 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 03 : 宗教学
対象学生
授業のキーワード 仏教,キリスト教,宗派,教派,分派 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 仏教及びキリスト教は,それぞれ宗派ないし教派に分かれて存在してきた長い歴史を持つ。本講義では,それら宗派・教派が成立してきた歴史と要因について概観することを通して,仏教とキリスト教の全体像を整理して把握すると共に,それぞれの宗教がどのような問題を自宗教にとって本質的な問題と見なしてきたか,また分派とはそもそも何なのかといった問題についての理解を深める。さらには,仏教とキリスト教との比較考察も試みる。 
授業計画 第1回 オリエンテーション
第2回 キリスト教(1) キリスト教の歴史と教派の成立過程
第3回 仏教(1) 仏教の歴史といくつかの伝統の成立過程
第4回 キリスト教(2) キリスト教の歴史と教派の成立過程
第5回 仏教(2) 仏教の歴史といくつかの伝統の成立過程
第6回 キリスト教(3) キリスト教の歴史と教派の成立過程
第7回 仏教(3) 仏教の歴史といくつかの伝統の成立過程
第8回 キリスト教(4) キリスト教の歴史と教派の成立過程
第9回 仏教(4) 各伝統の特徴
第10回 キリスト教(5) 各伝統の特徴
第11回 仏教(5) 各伝統の特徴
第12回 キリスト教(6) 各伝統の特徴
第13回 仏教(6) 各伝統の特徴
第14回 仏教とキリスト教(1)
第15回 仏教とキリスト教(2)

中間レポート、ターム末レポートを課す予定。 
教科書・参考書等 教科書なし。参考書等は授業中に随時紹介します。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
毎回の授業に備えて、指定された文献を読んできてください。また授業後には復習をして次回に備えてください。 
履修上の注意
受講条件等
第2回以降、偶数回はキリスト教、奇数回は仏教という形で、並行して講義を進めることにより、履修者による両宗教の比較ができるようにしています。履修者はどちらの授業にも積極的に参加して、広い宗教理解を得るよう努めてください。 
成績評価の基準等 中間レポート50%、ターム末レポート50%。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
プロテスタント教会の牧師としての勤務経験を持つ教員が、キリスト教内部での諸教派の捉え方を踏まえて講義を行う(第2, 4, 6, 8, 10, 12回)。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ