広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 人間社会科学研究科博士課程前期人文社会科学専攻国際平和共生プログラム
講義コード WMG01701 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 International Security II
授業科目名
(フリガナ)
 
英文授業科目名 International Security II
担当教員名 友次 晋介
担当教員名
(フリガナ)
トモツグ シンスケ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 水5-8:国際405号
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
・非対面 (ただし教室でも提供する)
・ツール:MS Teams 
単位 2 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 02 : 政治学
対象学生  
授業のキーワード 国際安全保障、非伝統的安全保障、大量破壊兵器、核不拡散 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 (1)核兵器など大量破壊兵器の軍縮・不拡散、(2)東アジアの安全保障、及び(3)グローバル化の進展に伴う新しい安全保障課題について様々な観点から議論し、理解を深める。講義と議論を通じ、(a)他国の軍事的脅威から国を守る「伝統的安全保障」、及び (b) 気候変動、非国家主体によるテロ等の越境的脅威から国を守る「非伝統的安全保障」に関する現代の課題について、履修者がよりよく理解し、歴史的、論理的な議論ができるようになることを目標とする。International Security IIでは紛争や暴力を多角的に検討する。 
授業計画 第1回:経済と安全保障1
● Eric Heginbotham and Richard J. Samuels, Mercantile Realism and Japanese Foreign Policy International Security Vol. 22, No. 4 (Spring, 1998), 171-203.

第2回:経済と安全保障2
● Michael Mastanduno (1999) Economic statecraft, Interdependence, and national security: Agendas for research, Security Studies, 9:1-2, 288-316.

第3回:内戦と平和構築1
● Lise Morjé Howard and Alexandra Stark, “How Civil Wars End: The International System, Norms, and the Role of External Actors” International Security Vol.42. Issue 3, Winter 2017, 127-171.

第4回:内戦と平和構築2
●  Oliver P. Richmond, “Resistance and the Post-liberal Peace” Journal of International Studies Vol.38 No.3, 665–692.

第5回:セキュリタイゼーション1
● Ole Wæver "Securitization and Desecuritization", from Ronnie D. Lipschutz, On Security, (Columbia University Press: New York, 1995)

第6回:セキュリタイゼーション2
● M McDonald, “Securitization and the Construction of Security” European Journal of International Relations 14(4)
● Dagmar Rychnovska, “Securitization and the power of threat framing” Perspective Vol.22, No. 2, 9-32.

第7回:公衆衛生と安全保障1
● Adam Kamradt-Scott & Colin McInnes (2012) "The securitisation of pandemic influenza: Framing, security and public policy, Global Public Health", 7:sup2, S95-S110

第8回:公衆衛生と安全保障2
● Colin McInnes, Anne Roemer-Mahler, "From security to risk: reframing global health threats", International Affairs, Volume 93, Issue 6, November 2017, 1313–1337.

第9回:ジェンダーと安全保障1
● Dipti Tamang, “Gendering International Security: Seeing Feminist Theories as International Relations”, Alternative, Volume 50, December 2016, 226-239.
● Francis Fukuyama, “Women and the Evolution of World Politics”, (September/October 1998, Foreign Affairs) , and related commentary “Fukuyama’s Follies: So what if Women Ruled the World?”

第10回:ジェンダーと安全保障2
● Carol Cohn, "Sex and Death in the Rational World of Defense Intellectuals", Journal of Women in Culture and Society, Vol.12, No.4: 687-718.

第11回:グローバルパワートランジション1
● Ch. 38, "the Power Transition" Excerpted from World Politics (1958) by A.F. K. Organski, in John Vasquez ed. The Classics of International Relations, 303-306.

第12回:グローバルパワートランジション2
● Adam P. Liff, G. John Ikenberry, "Racing toward Tragedy?: China's Rise, Military Competition in the Asia Pacific, and the Security Dilemma" International Security Fall 2014, Vol. 39, No. 2, 52-91.

第13回:環境1
● Thomas Homer-Dixon, "On the Threshold: Environmental Changes as Causes of Acute Conflict", International Security (Fall 1991)

第14回:環境2
● Thomas F. Homer-Dixon and Marc A. Levy, " Correspondence: Environment and Security" International Security(Winter 1995/96)

第15回:総括

レポート(文献書評、ペーパー)の提出を求める。 
教科書・参考書等 毎回、学術論文を指定する(初回あるいは適宜配布する) 上記リーディングリストは暫定的。
・履修者は指定された論文を事前に読んでくる。
・順番に指名された履修者は:
(1)論文の要旨について発表。
(2)議論するためのポイント(Discussion points)を発表。
・口頭発表の後、全員で議論する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト、配付資料、映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
議論に参加するために課題文献を事前に読むこと。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 ペーパー :40%
文献書評 :35%
口頭発表 :25% 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ