広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 人間社会科学研究科博士課程前期人文社会科学専攻国際平和共生プログラム
講義コード WMG01201 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 Hiroshima Peace Heritage II
授業科目名
(フリガナ)
 
英文授業科目名 Hiroshima Peace Heritage II
担当教員名 VAN DER DOES LULI
担当教員名
(フリガナ)
ファン デル ドゥース ルリ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 月1-4:国際206号
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
非対面(同時双方向またはオンデマンド、Bb9, MicrosoftTeams, Skype または Zoom等使用)、講義、演習、ディスカッション、学生の発表、被爆関係遺跡・遺構、資料館など見学 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 05 : 社会学
対象学生  
授業のキーワード peace studies, SDG_16, heritage, empirical research, atomic-bomb experiences, war memories, identity, reconstruction, peacebuilding, media, education, tourism 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 The objectives of this cross-disciplinary course are to equip the students with essential knowledge about Hiroshima's peace heritage through scholarly debates and to enhance their skills in critical thinking for conducting an independent research in peace studies. 
授業計画 第1回 Introduction to the Class and Empirical Research
第2回 Legacies of Hiroshima.
第3回 Peace Studies and Hiroshima I, International Organizations.
第4回 Peace Studies and Hiroshima II, SDGs
第5回 Defining Hibakusha.
第6回 The Voices of Hibakusha.
第7回 Hiroshima in the Nuclear Age.
第8回 Hiroshima and Anti-nuclear Movements.
第9回 Hiroshima in the Media.
第10回 Hiroshima and the Media.
第11回 United Nations and Hiroshima's Heritage.
第12回 Hiroshima and Universal Peace.
第13回 Presentations.
第14回 Presentations.
第15回 Review.

Assessment will be based on: an end-of-term report (40%); two presentations (40%); and regular participation and contribution to classroom activities (20%).

The language of instruction is English, but some reading and audio-visual materials will be provided in Japanese. 
教科書・参考書等 A list of recommended literature will be provided every week. 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
A list of recommended literature for the next lesson will be given at the end of each lecture. Read the literature critically and make notes to prepare well for each session. Periodically revise your notes, class handouts, and the materials on the reading list as part of your ongoing review process. 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 An end-of-term report (40%), two presentations (40%), and regular attendance and participation in classroom activities (20%) 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ Hiroshima has struggled with the memory of its atomic bombing for over seventy years, while establishing itself as a city of collective consciousness that aspires for universal peace. There is much to be drawn from the experiences of the city and its people. I hope that this course will help you to acquire a flexible attitude and international perspectives on the issues of memory, while encouraging you to continue considering issues of conflict resolution and peacebuilding. 
その他 You are encouraged to visit peace heritage sites and/or monuments during this course. 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ