広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 人間社会科学研究科博士課程前期人文社会科学専攻心理学プログラム
講義コード WMC47062 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 特別研究
授業科目名
(フリガナ)
 
英文授業科目名 Special Study
担当教員名 清水 寿代
担当教員名
(フリガナ)
シミズ ヒサヨ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 火7-8:教員研究室
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
非対面、ディスカッション、学生の発表 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 7 : 大学院発展的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 06 : 心理学
対象学生 心理学系コース生選択必修
授業のキーワード 幼児心理学,心理学研究法,研究計画 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
発達心理学課題研究IIとともに,講義や日常生活の中で発見した心の問題にどのように取り組めば具体的な研究を提案することができるのかを,実際の研究例に数多く触れることによって学ぶ。
課題研究I,IIを終えた段階で,卒業論文に取り組むために必要な知識,技能,能力が身につくことを期待する。 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 幼児心理学領域におけるさまざまな心の問題と,その解決方法に関する発表・討議を通じて,具体的に研究を立案し,遂行するための実践的技能や能力を身に付ける。
発達心理学課題研究Iでは,特に研究計画を立案する段階に重点をおく。授業では,幼児心理学領域におけるさまざまな研究事例を報告,検討する。検討の対象となる研究としては,専門誌に掲載された論文,教員や大学院生が実施する研究,受講生自身が関心を持っているテーマを扱った研究などが挙げられる。研究事例の報告を通して,文献の検索・収集の方法や,研究の進め方やまとめ方,発表方法を実践的に学ぶ。
なお,この授業には,担当教員だけでなく大学院生が参加し討論に加わる場合がある。
 
授業計画 第1回 研究事例報告(発表者1)
第2回 研究事例報告(発表者2)
第3回 研究事例報告(発表者3)
第4回 研究事例報告(発表者4)
第5回 研究事例報告(発表者5)
第6回 研究事例報告および研究課題の中間発表(発表者1)
第7回 研究事例報告および研究課題の中間発表(発表者2)
第8回 研究事例報告および研究課題の中間発表(発表者3)
第9回 研究事例報告および研究課題の中間発表(発表者4)
第10回 研究事例報告および研究課題の中間発表(発表者5)
第11回 研究事例報告および研究課題の最終発表(発表者1)
第12回 研究事例報告および研究課題の最終発表(発表者2)
第13回 研究事例報告および研究課題の最終発表(発表者3)
第14回 研究事例報告および研究課題の最終発表(発表者4)
第15回 研究事例報告および研究課題の最終発表(発表者5)

研究事例の報告のために,発表資料等の作成・提出を求める。

・発表者は各自で文献の収集を行い,授業において発表して討議し,自身の研究課題への理解を深める。
・各回の発表者は,受講生の実態に応じて,適宜割り当てる。
 
教科書・参考書等 必要に応じて,授業の中で紹介する。 
授業で使用する
メディア・機器等
必携PCを持参すること。PCとプロジェクターを用いたプレゼンテーションが可能である。わかりやすく効果的なプレゼンテーションとなるよう積極的に利用してほしい。 
予習・復習への
アドバイス
この授業では,授業時間以外の活動も大切である。
各回の発表者は,研究事例の報告に際し,必要な文献を読んでおく。
発表後は,自身の研究課題にどのように役立てることが出来るかを考察し,自身の研究課題への理解を深める。
発表者以外の者は,各回の報告と討議において不明であった点・疑問点について調べ,自身の研究課題にどのように役立てることが出来るかを考察する。 
履修上の注意
受講条件等
心理学基礎実習IおよびIIの既習者に限る。
幼児心理学に関する知識・関心と専門基礎科目で学んだ心理学研究法に関する知識・技能,積極的に課題に取り組む意欲と態度が必要である。 
成績評価の基準等 発表資料,プレゼンテーション,および討議への貢献度を総合して評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 必携PCを持参すること。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ