広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 統合生命科学研究科博士課程後期
講義コード WE201001 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 総合科学系演習II
授業科目名
(フリガナ)
ソウゴウカガクケイエンシュウニ
英文授業科目名 Seminar in Integrated Arts and Scirnces II
担当教員名 山崎 岳,土谷 彰男,久我 ゆかり,佐藤 明子,岩本 洋子,石田 敦彦,古川 康雄,和崎 淳,平野 哲男,竹田 一彦,中坪 孝之,中川 直樹,彦坂 暁,浮穴 和義,根平 達夫,奥田 敏統,斎藤 祐見子,山田 俊弘,石原 康宏,勝山 千恵,小林 勇喜,ヴィレヌーヴ 真澄美,戸田 求
担当教員名
(フリガナ)
ヤマザキ タケシ,ツチヤ アキオ,クガ ユカリ,サトウ アキコ,イワモト ヨウコ,イシダ アツヒコ,フルカワ ヤスオ,ワサキ ジュン,ヒラノ テツオ,タケダ カズヒコ,ナカツボ タカユキ,ナカガワ ナオキ,ヒコサカ アキラ,ウケナ カズヨシ,ネヒラ タツオ,オクダ トシノリ,サイトウ ユミコ,ヤマダ トシヒロ,イシハラ ヤスヒロ,カツヤマ チエ,コバヤシ ユウキ,ヴィレヌーヴ マスミ,トダ モトム
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 集中
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
ディスカッション(グループワーキング),学生の発表 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 04 : 生命科学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  本演習では,文理融合,学際的,国際的な視点を涵養するため,学生主体のアクティブラーニングを中心に行う。 受講生が5名以上の場合は,数名ずつのグループを形成し,英語を共通言語として,異分野融合型の大規模な共同研究のプランニングを行い,具体的な研究計画書を作成する。実際に申請可能なレベルを目指す。受講生が少ない場合は,総合科学系演習Ⅰのファシリテーターとして,博士課程前期学生の申請書作成を支援する。この場合は,受講生も申請書の内容充実に積極的に関与し,レベルの高い申請書作成を行う。作成した研究計画は,多くの他研究科の学生や留学生のいるワークショップで発表する。文系や多国籍の聴衆が理解できるよう工夫する過程で,高いプレゼンテーション能力を涵養する。 
授業計画 第1回 ~ 第3回 グループワーク
(テーマや問題解決方法やアプローチ方法などの決定)

第4回 ~ 第7回 グループワーク
(問題解決のための資料収集と考察及び発表準備)

第8回 ワークショップでのプレゼンテーション
 
教科書・参考書等 なし(グループワーキングの中で自分たちが見つける)
 
授業で使用する
メディア・機器等
パワーポイント
 
予習・復習への
アドバイス
グループワーキング中心であるため,研究テーマに沿って,各人での資料収集や資料作成などの準備が必要である。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業及びグループ研究への取り組み方,プレゼンテーション資料,プレゼンテーション内容を総合的に判断して評価する。
特別な理由なくワークショップでのプレゼンテーションに欠席した場合,単位は出ない。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 ・使用言語:日本語,英語,または日本語英語併用。受講生の使用言語を考慮し,初回の講義の時に知らせる。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ