広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 統合生命科学研究科博士課程後期
講義コード WD301000 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 生物圏多文化セミナーB
授業科目名
(フリガナ)
セイブツケンタブンカセミナーB
英文授業科目名 Interdisciplinary Seminar B
担当教員名 LIAO LAWRENCE MANZANO,長沼 毅,都築 政起,島田 昌之
担当教員名
(フリガナ)
リアオ ローレンス マンザーノ,ナガヌマ タケシ,ツヅキ マサオキ,シマダ マサユキ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
Introductory lectures for each topic, discussion questions, case studies, role playing 
単位 2 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生  
授業のキーワード Sustainable Development Goals -SDGs
Food production 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 To introduce and stimulate awareness on the UN Sustainable Development Goals
To discuss pressing environmental issues of the day 
授業計画 lesson1 Introductory lectures to be followed by discussion questions
lesson2 Topics include, but not, restricted to the following:
Global hunger, environmental and climate change, sustainable agriculture, food production losses, food waste, etc.
lesson3
lesson4
lesson5
lesson6
lesson7
lesson8
lesson9
lesson10
lesson11
lesson12
lesson13
lesson14
lesson15 
教科書・参考書等 Handouts and background reading materials 
授業で使用する
メディア・機器等
Projector, each student must bring own laptops to each class 
予習・復習への
アドバイス
General awareness of current affairs and global environment issues  
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 Presentations - 40%
Participation - 50%
Attendance - 10% 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
This is a class strongly based on active participation and free sharing of ideas. Opinions are valued and will contribute towards the clarification of topics presented in class. 
メッセージ This class is usually a small one, with only a handful of registrants (<10 students) so it is important that each one participates actively.  Just attendance in class without participation or inputs will not earn any credits. 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ