広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 統合生命科学研究科博士課程前期
講義コード WE000501 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 総合科学系概論
授業科目名
(フリガナ)
ソウゴウカガクケイガイロン
英文授業科目名 Introduction to Integrated Arts and Sciences
担当教員名 山崎 岳,土谷 彰男,久我 ゆかり,佐藤 明子,岩本 洋子,石田 敦彦,古川 康雄,和崎 淳,竹田 一彦,中坪 孝之,彦坂 暁,浮穴 和義,根平 達夫,奥田 敏統,斎藤 祐見子,山田 俊弘,石原 康宏,ヴィレヌーヴ 真澄美,戸田 求
担当教員名
(フリガナ)
ヤマザキ タケシ,ツチヤ アキオ,クガ ユカリ,サトウ アキコ,イワモト ヨウコ,イシダ アツヒコ,フルカワ ヤスオ,ワサキ ジュン,タケダ カズヒコ,ナカツボ タカユキ,ヒコサカ アキラ,ウケナ カズヨシ,ネヒラ タツオ,オクダ トシノリ,サイトウ ユミコ,ヤマダ トシヒロ,イシハラ ヤスヒロ,ヴィレヌーヴ マスミ,トダ モトム
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 月1, (1T) 月2-4:総K105
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
Bb9によるオンデマンド方式。各講義をインターネット経由で受講し,それぞれの講義で課せられる課題を提出,またはBb9上のテストに解答する。下記の日程は目途であり,実際に講義ファイルをアップする日は,Bb9の掲示板に書き込まれるので,注意する事.
 討論は,メールで質問を受け付け,回答する形式とする。 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 04 : 生命科学
対象学生  
授業のキーワード ミクロ系(生体分子やゲノム等)
複雑系 (脳・神経科学分野)
マクロ系(生態学や気象・気候学,大気水圏科学) 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  生命科学に対する俯瞰的視点を育成するため,生体分子から生態系,地球表層圏までをカバーしたオムニバス形式で行う。受講生が将来どの研究分野に関与しても対応できるように,各分野のキーとなる基礎知識だけでなく,分野特有のセンス,生命科学全体における各分野の位置,他分野との関連性などを意識した講義を行う。他研究科の理系学生や意欲のある文系学生にも有用な内容である。

 
授業計画 第一回 4月20日 授業の説明 ミクロ系(1) (山﨑岳,石原康宏)生命科学に関する俯瞰的視点について解説する
第二回 4月20日  ミクロ系(2) (石田敦彦)生命現象のとらえ方についての講義と演習
第三回 4月27日  ミクロ系(3) (根平達夫,ヴィレヌーブ)非対称分子をどう考えどう扱うかを生命科学および環境科学の視点から解説する
第四回 4月27日  ミクロ系(4) (彦坂暁)動物の進化におけるイノベーションについて講義する
第五回 5月11日  複雑系(1) (浮穴和義)摂食行動やエネルギー代謝調節に関わる新規脳因子について概説する
第六回 5月11日 複雑系(2) (斉藤祐見子)気分障害について-うつ病-
精神疾患の中で患者数が多いとされるうつ病を取り上げ、その代表的な神経機構について概説するとともに、最近の知見も紹介する。
第七回 5月18日 複雑系(3) (古川康雄)神経機能素子研究におけるパラダイムシフト
第八回 5月18日 複雑系(4) (久我ゆかり,和崎淳)生物間,生物・環境間の相互作用の機能とネットワーク
第九回 5月23日 マクロ系(1) (奥田敏統)環境変動が生物社会に及ぼす影響、およびその評価手法について概説する(前半)
第十回 5月23日 マクロ系(2) (山田敏弘)環境変動が生物社会に及ぼす影響、およびその評価手法について概説する(後半)
第十一回 5月25日 マクロ系(3) (土谷彰男)アマゾン熱帯林へのアプローチについての講義
第十二回 5月25日 マクロ系(4)  (戸田求)気候と森林についての講義
第十三回 マクロ系(5) (中坪孝之,竹田一彦)地球環境に観する討論
第十四回 6月1日 マクロ系(6)(岩本洋子)気候を調節する大気と海洋の相互作用について地球化学的な視点から解説する
第十五回 総合討論(山崎岳)

毎回レポート等を課す。

疑問や不明な点が生じたら、ただちに質問する。
多様なテーマの講義なので、理解した講義内容をその都度整理しておくこと。
 
教科書・参考書等 テーマごとに教員が講義ファイルをBb9にアップする。


 
授業で使用する
メディア・機器等
インターネット経由で配信する動画等
 
予習・復習への
アドバイス
各回とも集中して聞く、何が主題なのかを全体像を把握する。直ぐにはわからなくても理解する努力をし、理解に必要な適切な質問ができるようにする。 
履修上の注意
受講条件等
講義の実際の日程などについては、Bb9の掲示板で指示する。 
成績評価の基準等 講義における毎回のレポート等の課題

 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 使用言語:日本語、英語、または日本語英語併用。Bb9上に,両言語に対応したファイルをアップする。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ