広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 統合生命科学研究科博士課程前期
講義コード WD208200 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 陸域生物圏フィールド科学II
授業科目名
(フリガナ)
リクイキセイブツケンフィールドカガクニ
英文授業科目名 Terrestrial Field Science II
担当教員名 谷田 創,黒川 勇三
担当教員名
(フリガナ)
タニダ ハジメ,クロカワ ユウゾウ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 金1-4:生C205
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義と演習、ディスカッション、学生の発表、野外実習、作業など 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生 博士課程前期後期学生
授業のキーワード 人、自然、動物の関係;野生動物、家畜、伴侶動物、持続的畜産、物質循環 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 陸域生物圏フィールド科学Ⅰの内容をさらに発展させて、ヒトの生活と深く関わっている陸域生物圏フィールドに生きる動物にまつわる問題事例を授業テーマとして取り上げ、KJ法やブレインストーミングを用いながら、解決策を導く方法について体験的に学修する。さらにフィールドにおける研究・調査法やコミュニケーション法について、過去の事例に基づきながら学修する。以上の学修から、現場で問題を解決する能力を身につけることを到達目標とする。このことをフィールド科学的手法で学修することをテーマとする。 
授業計画 第1回 人と動物との間の問題Ⅰ:問題を発見する
第2回 人と動物との間の問題Ⅱ:問題の原因を考える
第3回 人と動物との間の問題Ⅲ:問題の現場を見る
第4回 人と動物との間の問題Ⅳ:フィールド調査を実施する
第5回 人と動物との間の問題Ⅴ:調査結果を分析する
第6回 人と動物との間の問題Ⅵ:解決法を提案する
第7回 人と動物との関係のまとめ
第8回 フィールド科学の立場から見た家畜生産の課題
第9回 畜産と環境~飼料自給率
第10回 農場で環境負荷を減らす仕組みを見る(農場見学)
第11回 牛乳、牛肉の生産と牛の健康
第12回 畜産物の安全と安心
第13回 畜産と地域活性化
第14回 持続的な畜産に向けて
第15回 
教科書・参考書等 授業で適宜紹介する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
授業にて適宜指導する。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 レポート提出、野外実習参加などを総合的に評価 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ