広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 統合生命科学研究科博士課程前期
講義コード WD206200 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 家畜生産機能学II
授業科目名
(フリガナ)
カチクセイサンキノウガクニ
英文授業科目名 Animal Production Science II
担当教員名 都築 政起,中村 隼明,吉村 幸則,新居 隆浩,磯部 直樹
担当教員名
(フリガナ)
ツヅキ マサオキ,ナカムラ ヨシアキ,ヨシムラ ユキノリ,ニイ タカヒロ,イソベ ナオキ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 木1-4:生C308
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 7 : 大学院発展的レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生  
授業のキーワード 家畜、家禽、生産、生理機能、新技術 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 効率的な家畜・家禽生産のために, それらの生理機能を利用した発展的な手法や技術を解説する。 
授業計画 第1回 家畜の先端的育種法 I
第2回  家畜の先端的育種法 II
第3回  家畜の先端的育種法 III
第4回 ほ乳動物の生殖細胞の操作技術
第5回 ほ乳動物の初期胚の操作技術
第6回 家畜の生殖技術
第7回 反芻動物の生産生理I
第8回 反芻動物の生産生理II
第9回 反芻動物の生産生理III
第10回 家畜の適応免疫機構
第11回 家畜の自然免疫機構
第12回 家畜の感染防御機能強化の展望
第13回  順遺伝学と逆遺伝学
第14回  ほ乳類の発生工学
第15回  鳥類の発生工学 
教科書・参考書等 「畜産学入門」(唐澤豊ら編、文永堂出版)
「家畜ゲノム解析と新たな家畜育種戦略」(佐々木義之・向山明孝 監修、シュプリンガ-・フェアラ-ク東京)
「乳牛管理の基礎と応用」(柏村文郎ら著、デイリージャパン社)
「繁殖生物学」(日本繁殖生物学会編、インターズー)
「動物生殖学」 (佐藤英明編、朝倉書店)
Developmental Biology 11th edition (Scott F Gilbert, SINAUER)
Avian Reproduction from behavior to molecules (Tomohiro Sasanami ed., Springer Singapore)
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
遺伝学、育種学、生体機構学、繁殖学、生理学、発生学および発生工学に関し、学部レベルの知識の復習をしておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 100%の出席を前提とし、レポートもしくは試験によって評価を行う。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ