広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 統合生命科学研究科博士課程前期
講義コード WD205200 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 植物生産機能学II
授業科目名
(フリガナ)
ショクブツセイサンキノウガクニ
英文授業科目名 Plant Production Science II
担当教員名 冨永 るみ,実岡 寛文,長岡 俊徳,上田 晃弘
担当教員名
(フリガナ)
トミナガ ルミ,サネオカ ヒロフミ,ナガオカ トシノリ,ウエダ アキヒロ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 水1-4:生C309
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、ディスカッション 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 7 : 大学院発展的レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生  
授業のキーワード SDG_2, SDG_15, 植物生産、生産環境、バイオテクノロジー、環境ストレス、土壌病害、土壌汚染、窒素固定 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 植物生産を制御する機能および要因を,近年の植物生産を取り巻く課題とそれに関連する最近の研究・技術などと関連づけて学び,分子・細胞レベルから個体,生産環境までの専門的かつ先進的な知識を修得する。 
授業計画 第1回 ガイダンス(冨永)
第2-4回 被子植物の生殖とバイオテクノロジーについて講述(冨永)
第5-8回 環境ストレス耐性植物創出のための分子育種とその実用例,植物生育促進細菌などについて講述(上田)
第9-12回 土壌分析、土壌病害とその防除,土壌汚染とその対策などについて講述(長岡)
第13-16回 植物の生育、窒素固定など、植物の生産性に関わる基本的な分析技術などについて講述(実岡) 
教科書・参考書等 ・Plant Physiology, 4TH or 5TH Edition, Eds. Lincoln Taize and Eduardo Zeiger, (Sinauer Associate Inc. USA)
・Campbell Biology, Eds. L.A.Urry, M.L.Cain, S.A.Wasserman, et al., (Pearson) 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(PC) 
予習・復習への
アドバイス
その都度指示する。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 各教員によるレポート,小テスト等で評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ この講義は,希望があれば英語で行います。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ