広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 統合生命科学研究科博士課程前期
講義コード WD102224 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 生物資源科学特別演習B
授業科目名
(フリガナ)
セイブツシゲンカガクトクベツエンシュウB
英文授業科目名 Exercises in Bioresource ScienceB
担当教員名 LIAO LAWRENCE MANZANO
担当教員名
(フリガナ)
リアオ ローレンス マンザーノ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 集中
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
Lectures and practice 
単位 2 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生  
授業のキーワード algae, aquaculture, climate change, environment, phycology, pollution, seaweeds, taxonomy 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 To understand biodiversity and utilization of seaweeds and related organisms
To understand the role of algae in causing and mitigating environmental change 
授業計画 Day 1: Guidance/orientation
Day 2: Review of algal diversity
Day 3: Algae and ecological imbalance
Day 4: Algae and environmental remediation
Day 5: Algal life history and seaweed mass production
Day 6: Seaweed production in East Asia
Day 7: Seaweed production in temperate regions
Day 8: Seaweed production in tropical regions
Day 9: Seaweed production and its social and environmental impacts
Day 10: Seaweed commercialization and product development
Day 11: Seaweed biotechnology 1
Day 12: Seaweed biotechnology 2
Day 13: Seaweed invasion biology
Day 14: Seaweeds in agriculture
Day 15: Synthesis (student reports) 
教科書・参考書等 Recently published scientific papers concerning phycology and related disciplines 
授業で使用する
メディア・機器等
PC, projector, handouts 
予習・復習への
アドバイス
Reinforce one's English oral and written communication skills 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 Student oral report - 40%
Literature review report - 40%
Attendance - 20% 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ This class is provided in English only, about 20-30% of class time is student participation 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ