広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 医系科学研究科博士課程前期
講義コード TB250701 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 病態生理学
授業科目名
(フリガナ)
ビョウタイセイリガク
英文授業科目名 Pathophysiology
担当教員名 宮下 美香,木原 康樹,角甲 純,山内 理海,森岡 裕彦,林 亮平,岡村 仁,廣橋 伸之,坂本 直也,米田 真康,丸山 博文,大毛 宏喜,中野 由紀子,高萩 俊輔,加澤 佳奈,濱田 泰伸,杉山 英二
担当教員名
(フリガナ)
ミヤシタ ミカ,キハラ ヤスキ,カコウ ジュン,ヤマウチ マサミ,モリオカ ヒロヒコ,ハヤシ リョウヘイ,オカムラ ヒトシ,ヒロハシ ノブユキ,サカモト ナオヤ,ヨネダ マサヤス,マルヤマ ヒロフミ,オオゲ ヒロキ,ナカノ ユキコ,タカハギ シユンスケ,カザワ カナ,ハマダ ヒロノブ,スギヤマ エイジ
開講キャンパス 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 月5:保609, (前) 月6
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表、野外実習、作業、薬品使用 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 04 : 保健学
対象学生 医歯薬保健学研究科博士課程前期(専門看護師コース)学生
授業のキーワード 病態生理 症候 臨床判断 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 1)対象に起こり得る主な疾病や症候の原因・要因、危険因子、メカニズムを理解し、病態生理学の知識を深める。
2)対象の病態生理学的変化を把握、モニタリング、管理するために必要な情報を理解し、エビデンスに基づく解釈と判断を行い、高度な看護実践へ統合するための知識と技術を身に付ける。 
授業計画 第1回 オリエンテーション(宮下美香)、呼吸機能障害(濱田泰伸)
第2回 細胞障害、炎症、治癒過程(坂本直也)
第3回 感染症:総論、細菌感染症、ウィルス感染症(大毛宏喜)
第4回 主要症候:腎機能と尿路機能の変化(加澤佳奈)
第5回 主要症候:血液学的異常(未定)
第6回 主要症候:痛み(角甲 純)
第7回 循環障害(中野由紀子)
第8回 神経疾患(丸山博文)
第9回 消化器系疾患(林 亮平)
第10回 内分泌・代謝障害(米田真康)
第11回 膠原病(杉山英二)
第12回 救急疾患(廣橋伸之)
第13回 皮膚疾患(高萩俊輔)
第14回 精神疾患(岡村 仁)
第15回 腫瘍(山内理海) 
教科書・参考書等 1) 笹野公伸,岡田保典,安井弥 編集.シンプル病理学改訂第6版.南江堂,東京,2010.
2) 福井次矢,黒川清 監修,ハリソン内科学 第5版.メディカル・サイエンス・インターナショナル,東京,2017 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
予習、復習を行い、確実に知識と技術を身に付けてください。 
履修上の注意
受講条件等
医歯薬保健学研究科博士課程前期・後期保健学専攻の学生は受講可 
成績評価の基準等 試験(80%)及び授業への参加状況(20%)により評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 講師の都合で講義が別の曜日・時間帯になることがあります。講義予定表を第1回(4/10)に配布します。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ