広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 医系科学研究科博士課程前期
講義コード TB001203 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 病因病態学
授業科目名
(フリガナ)
ビョウインビョウタイガク
英文授業科目名 Pathologic Basis of Diseases
担当教員名 武島 幸男,安井 弥,有廣 光司,大上 直秀,東 幸仁,AMATYA VISHWA JEET,鎌田 英明,仙谷 和弘,櫛谷 桂,宮内 睦美
担当教員名
(フリガナ)
タケシマ ユキオ,ヤスイ ワタル,アリヒロ コウジ,オオウエ ナオヒデ,ヒガシ ユキヒト,アマティア ヴィシュワ ジート,カマタ ヒデアキ,センタニ カズヒロ,クシタニ ケイ,ミヤウチ ムツミ
開講キャンパス 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 月11:医第3講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 01 : 医学
対象学生 修士課程1年生(後期)
授業のキーワード 病理学、形態学、分子生物学 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 病因病態学(病理学)に関わる研究についてオムニパス方式で講義を受け、病態のメカニズムをしる。 
授業計画
病因病態学のめざすもの
武島 幸男

血管障害のメカニズム
東 幸仁

炎症と発癌
鎌田 英明

中皮腫の分子病理学
Amatya V. Jeet

消化器がんの種類と病理像
仙谷 和弘

消化器がんの発生と進展機構
安井 弥

脳腫瘍の分子病理学
Amatya V. Jeet
8 
肺癌の分子病理学
櫛谷 桂

循環器病理学
大上 直秀
10 
歯周病が全身の健康状態に及ぼす影響
宮内 睦美
11
乳癌の分子病理学
有廣 光司
12 
分子病理学的解析法
大上 直秀
13
感染症の病理学
武島 幸男
14
バーチャルスライドによる病理診断実習1
武島幸男、Amatya V. Jeet
15
バーチャルスライドによる病理診断実習2
武島幸男、Amatya V. Jeet


医学部・第3講義室でおこないます。 
教科書・参考書等 配布プリントなど 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
十分に予習、復習してください。 
履修上の注意
受講条件等
本講義の使用言語の割合は、日本語:英語=50:50です。
講義における配布資料は、日英併記としています。
 
成績評価の基準等 出席状況,受講態度及びレポート提出等により総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ