広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 医歯薬保健学研究科博士課程後期口腔健康科学専攻
講義コード TA210501 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 生体構造・機能修復学特別演習
授業科目名
(フリガナ)
セイタイコウゾウ・キノウシュウフクガクトクベツエンシュウ
英文授業科目名 Advanced seminar on anatomy and functional
担当教員名 加来 真人
担当教員名
(フリガナ)
カク マサト
開講キャンパス 開設期 2年次生   前期   通年
曜日・時限・講義室 (通) 集中
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 7 : 大学院発展的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 02 : 歯学
対象学生 口腔健康科学専攻(博士課程後期)
授業のキーワード 人体構造,神経研究法,機能修復,生体材料 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 口腔領域の構造,神経科学や,機能修復法,材料,接着の分野における研究命題の立案と研究系の構築・遂行について習得することを目標とする。 
授業計画 随時研究指導を行う

(授業内容等) 
 学生各自の研究テーマに基づき,演習を通じ明確にした命題に対して,演習で学んだ研究の理論,手法を用いて実際的な実験系を構築し,解明をすることを学ぶ。
 そのために,口腔領域の構造や摂食嚥下の機構の神経回路網に関する研究では,免疫組織化学,神経トレーサーや蛍光トレーサーを使った手法により研究を遂行する。また機能修復法,材料,接着システムなどに関連した基礎的研究または臨床的研究の遂行及びロジカルな研究展開や臨床エビデンスにつなげることに関する指導を受け,各自は論文をまとめる。
(里田 隆博)
 生体構造・機能修復学分野の研究の総括を行う。また,人体構造学・組織学的解析・微細構造学について研究指導を行う。
(下江 宰司)
 生体構造・機能修復学分野のうち,口腔の発音・審美機能などについての修復に関連した材料,技法並びに評価について研究指導補助を行う。
(授業計画等)
①生体構造・機能修復学分野における研究計画の立案をする
②生体構造・機能修復学分野における研究課題を研究テーマとして仮説の提示を実践する
③生体構造・機能修復学分野における研究計画の立案を実践する
④生体構造・機能修復学分野の実験系の組み立て方について実践する
⑤研究遂行中に随時,研究計画の見直し,修正をする
⑥生体構造・機能修復学分野における研究結果の論文を作成する 
教科書・参考書等 必要に応じて,レジメの配布を行う。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
各自で論文検索により資料収集を行い,研究を遂行すること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 発表論文評価(発表論文の研究内容,雑誌のクオリティ):10%,学内発表評価(プレゼンテーション力,研究内容,質疑応答):25%,学位請求論文評価(研究内容,研究仮説,考察の論理性):40%,最終試問評価(総合的な研究力):25%により判断する。その評価は,秀,優,良,可及び不可の5段階評価とする。5段階評価の基準は,100点満点で採点した場合に,90点以上を秀,80~89点を優,70~79点を良,60~69点を可とし,60点未満は不可(不合格)とする。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 自ら疑問を持ち,研究命題を解決するようにつとめましょう。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ