広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 医歯薬保健学研究科博士課程医歯薬学専攻
講義コード TA322502 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 口腔生化学特別実験
授業科目名
(フリガナ)
コウクウセイカガクトクベツジッケン
英文授業科目名 Advanced research on Dental and Medical Biochemistry
担当教員名 宿南 知佐,樋口 真之輔
担当教員名
(フリガナ)
シュクナミ チサ,ヒグチ シンノスケ
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中
授業の方法 実験 授業の方法
【詳細情報】
 
実験、ディスカッション、学生の発表、薬品使用 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 7 : 大学院発展的レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 04 : 生命科学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 幹細胞生物学の研究に必要な基本的思考方法、知識、技術を実際にチューターとともに実験をすることによって学ばせる。具体的な実験計画を立案し、実験を実行し、さらにそのデータを整理して解釈させる。そして実験結果を論文にまとめる能力を研修させる。 
授業計画 1-14 実験
15 学生による発表 
教科書・参考書等 Gene Cloning & DNA Analysis  An Intoroduction (sixth edition) by T. A. Brown (textbook)
生命研究への応用と開発が進むバイオデータベースとソフトウェア最前線 (羊土社)
Essentials of STEM CELL BIOLOGY (3rd edition) edited by ROBERT LANZA & ANTHONY ATALA 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
教科書を読んで幹細胞生物学の知識を整理しておく。 
履修上の注意
受講条件等
特段の理由のない限り、毎回出席すること。
発表会で、自分の研究の成果について報告する。 
成績評価の基準等 実験技術の修得について、研究の進行の過程で評価する。
また論文あるいはレポートにより研究能力を評価する。
成績には出席状況(授業中の態度)も含む。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 論文作成の基礎的技術を習得させる。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ