広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 医歯薬保健学研究科博士課程医歯薬学専攻
講義コード TA321602 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 先端歯科補綴学特別演習
授業科目名
(フリガナ)
センタンシカホテンガクトクベツエンシュウ
英文授業科目名 Advanced seminar on Advanced Prosthodontics
担当教員名 津賀 一弘,森 隆浩,沖 佳史,保田 啓介,岡田 信輔,吉川 峰加,久保 隆靖,吉田 光由,土井 一矢,安部倉 仁,阿部 泰彦,森田 晃司,大上 博史,岡崎 洋平,牧原 勇介
担当教員名
(フリガナ)
ツガ カズヒロ,モリ タカヒロ,オキ ヨシフミ,ヤスダ ケイスケ,オカダ シンスケ,ヨシカワ ミネカ,クボ タカヤス,ヨシダ ミツヨシ,ドイ カズヤ,アベクラ ヒトシ,アベ ヤスヒコ,モリタ コウジ,オオウエ ヒロシ,オカザキ ヨウヘイ,マキハラ ユウスケ
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義、演習中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 7 : 大学院発展的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 02 : 歯学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 口腔機能の形態学的・生理学的機構の基本的理解のもとに,歯・顎の欠損から生じる病態の回復を目指す先端的補綴治療としてのインプラントに焦点をあて、インプラントが生体内で制御される生理的・細胞生物学的機構や生体力学の側面について理解する。さらに、インプラントの応用を飛躍的に高める骨増生のメカニズムとバイオマテリアルに対する生体反応、加えてバイオエンジニアリングによる新素材・新技術の開発などについても理解を深める。 
授業計画 第1回 インプラント研究の構造とResearch problem(津賀,大上)
第2回 インプラント研究のデザイン 1(阿部,岡崎)
第3回 インプラント研究のデザイン 2(岡田,保田)
第4回 インプラント研究の倫理的側面 (吉田,吉川)
第5回 インプラント研究のデータ分析 (安部倉,森,沖)
第6回 文献レビュー 1(久保,土井)
第7回 文献レビュー 2(森田,牧原)

最新の研究論文のクリティカルレビューを通して,最先端の知識を獲得するとともに,現在における研究上の問題点や課題をレポートにまとめ,発表する。 
教科書・参考書等 専門学術雑誌。発表担当者がレジメを準備する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
しっかりと復習し、文献を読むこと。 
履修上の注意
受講条件等
積極的に文献などを読み,理解を深めておくこと。 
成績評価の基準等 内容の理解度,レポートの内容,発表態度,出席状況等を総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ