広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 大学院共通教育(博士課程前期)
講義コード 8E000101 科目区分 大学院共通科目
授業科目名 SDGsへの学問的アプローチA
授業科目名
(フリガナ)
エスディジーズヘノガクモンテキアプローチA
英文授業科目名 Academic approach to SDGs - A
担当教員名 馬場 卓也,隈元 美穂子,永田 良太,田中 純子,森山 美知子,実岡 寛文,石田 洋子,RAHMAN MD MOSHIUR
担当教員名
(フリガナ)
ババ タクヤ,クマモト ミホコ,ナガタ リョウタ,タナカ ジュンコ,モリヤマ ミチコ,サネオカ ヒロフミ,イシダ ヨウコ,ラフマン モハメド モシウル
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 水9-10:総L102
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
Bb9にビデオを掲載します。それを見て課題にこたえてください。第一回講義は4月15日です。
(講義中心、ディスカッション、学生の発表) 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 01 : 初年次教育
対象学生 博士課程前期
授業のキーワード SDGs、学問的アプローチ 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 国際目標SDGsと広島大学長期ビジョンSplendor Plan2017の理念を受けて、学部教養科目などとともに広島型教養教育の一環として、大学院博士課程前期共通プログラムを創設する。SDGsは持続可能性を核に据えた私たちの時代・社会の課題である。しかしこの課題は単独での問題解決に止まらず、分野間の連続性や時間的連続性が重要である。さらに、その解決には、援助国、被援助国のみならず、地方自治体、民間企業、市民社会が協働して取り組む新しい社会の在り方が求められている。本SDGsへの学問的アプローチAでは、人権を中心に取り組む。Bと合わせて受講することが推奨される。 
授業計画 第1回 コースの概要、SDGsと貧困問題  (1,17)4月15日
SDGsの設置経緯について説明し、17の目標の中で、貧困は様々な問題の根底に位置することについて説明、議論する。馬場 卓也(大学院人間社会科学研究科)
第2回 持続可能な食料生産・消費と飢餓 (2,12, 15)4月22日
地球規模で食料の持続可能性を考える時、先進国と途上国のインバランスが問題となる。持続可能な生産消費形態、栄養改善などについて議論する。
実岡 寛文(大学院統合生命科学研究科)
第3回 公衆衛生と社会医学 (3、6)5月13日
安全な水の供給と確保は人が健康に生きていくための不可欠の開発課題であることから、疾病対策を含む健康維持のための社会医学的、公衆衛生学的側面からの持続可能な管理と問題について講義する。
田中 純子(大学院医系科学研究科)
第4回 健康と福祉 (3)5月20日
プライマリ・ヘルスケア、リプロダクティブ・ヘルス、非感染性疾患と高齢化などグローバルな健康問題についてて講義する。
森山 美知子、RAHMAN MD MOSHIUR(大学院医系科学研究科)
第5回 教育と社会 (4)5月27日
 情報化による急激な変化が進む中で、先進国と途上国の境目がなくなりつつある。今後の教育に求められる役割と課題について議論する。
永田 良太(大学院人間社会科学研究科)
第6回 ジェンダー問題と平等な社会 (5,10)6月3日
ジェンダーの平等と女性のエンパワーメントに向けた課題、国家間及び各国内の不平等削減に係る課題、そしてこれら2つの課題解決が他のSDGsゴール達成に深く関わることについて議論する。
石田 洋子(大学院人間社会科学研究科・教育開発国際協力研究センター)
第7回 国際機関の取り組み(17)6月10日
SDGsを推進している立場から、その取り組みの課題と進捗状況について議論する。
隈元美穂子(外部講師、UNITAR所長)
第8回 総括討議 レポート
馬場卓也、他
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回

毎回出席を兼ねて、簡単なレポートを作成してもらう。 
教科書・参考書等 蟹江憲史「持続可能な開発目標とは何か:2030年へ向けた変革のアジェンダ」
蟹江憲史「未来を変える目標 SDGsアイデアブック」
田中治彦「SDGsと開発教育:持続可能な開発目標ための学び」
他 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
SDGsは現在、多くの資料がWEB上で検索できる。事前に、参考書に加えて、これら資料に目を通しておくこと、加えて自らの考えを持つように、本課題について考えていくことが必要である。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 各回提出するレポートおよび各回の議論への参加度(10点×7回)および最終回ディカッションを踏まえた提案書(10点)を踏まえて、総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 日本、世界を問わず、新しい動きである。未来のことについて、ぜひ積極的に考えるきっかけを見出してもらいたい。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ