広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 森戸国際高等教育学院(大学院)
講義コード 8B601201 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 Glocal Leadership Development: Practicum (Graduate)
授業科目名
(フリガナ)
グローカル リーダーシップ ディベロップメント プラクティカム(グラジュエイト)
英文授業科目名 Glocal Leadership Development: Practicum (Graduate)
担当教員名 恒松 直美
担当教員名
(フリガナ)
ツネマツ ナオミ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 金5-6
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
実践研究、演習、国際的体験型学習、アクティブラーニング 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 14 : 文化論
対象学生 広島大学短期交換留学プログラム留学生(HUSA) 大学院生
授業のキーワード 研究論文, グローカル、多文化共生、実践研究、プロジェクト型、多国籍、地域連携、リーダーシップ  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
実践研究プロジェクト、実践研究論文作成   
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 *本授業は、グローバル社会の中の日本について考察するとともに、地域と多文化共生の実現につながる実践研究を行い、外国人が日本社会において共存していく方策について考察することを目的とする。実践研究論文の作成法を学ぶ。
日本社会に関する学術知と実践知を高めることにより、「顧客的立場の外国人」を脱却し、「地域と共存する外国人」として、自身の力で日本とつながることのできるグローカル・リーダーとなる力をつけることを目指す。
*受講者は、グループプロジェクトに取り組み、地域公開研究発表会において実践プロジェクトの成果を発表する。
 
授業計画 第1回 1) Class 1  Guidance of the course 概要説明
第2回 2) Class 2  Midterm Seminar Presentation 中間発表会
第3回 3) Class 3  Literature Review  先行研究レビュー
第4回 4) Class 4  Research Method研究方法  
第5回 5) Class 5 Reflection Presentation リフレクション・プレゼンテーション
第6回 Group Work for the Practical Project 各グループでプロジェクト実習
第7回 Group Work for the Practical Project 各グループでプロジェクト実習
第8回 Group Work for the Practical Project 各グループでプロジェクト実習
第9回 Group Work for the Practical Project 各グループでプロジェクト実習
第10回 Class 10 Progress Report&Research Presentation 報告発表会
第11回  Group Work for the Practical Project 各グループでプロジェクト実習
第12回  Group Work for the Practical Project 各グループでプロジェクト実習
第13回  Group Work for the Practical Project 各グループでプロジェクト実習
第14回  Group Work for the Practical Project 各グループでプロジェクト実習
第15回 Class 15  Final Seminar Presentation 最終発表会  
教科書・参考書等 概要についての資料は配布済み。中間発表会と最終発表会に備えたWork Sheetを記入して提出すること。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料, PC, パワーポイント 
予習・復習への
アドバイス
他の留学生との協力を要する。 
履修上の注意
受講条件等
1. Attendance in all the Meetings and Seminars of the HUSA Glocal Leadership Project.
* プロジェクトに関する全てのミーティング・セミナーに出席していること。
    2.  Presentations in the Midterm & Final Seminars.
       *中間発表会及び最終発表会にてプロジェクトの実践研究発表
3. Submitted the Work Sheet for the seminar(s) ワークシートの提出 (全回)
4. Submitted the Power Point file for your presentation in the seminar
パワーポイントファイル(発表ファイル)提出(全回)
5. Submission of the Proposal of the Final Project (Result).  
プロジェクトの完成品(最終成果)の提案
 
成績評価の基準等 Assessment  全体評価
  Work Sheetワークシート                                     5%
  Reflection Sheet リフレクションシート                             5%
  Midterm Presentation  実践プロジェクト中間発表                      5%
  Final Presentation  実践プロジェクト最終発表                         10%
  Practical Group Project Complete Product  実践プロジェクト完成品          30%
  Practical Group Project: Research Paper                                 30%
Project Evaluation by Examiners学内・地域関係者によるプレゼンテーション評価 10%
Project Evaluation by Professor  担当教員による研究発表評価            5%  
      TOTAL  総合                                                 100%
------------------------------------------
**The number of the words should be 2500-3000 words (10~12 pages) for Undergraduate students, and 3200-3800 (13~15pages) for Graduate Students (double-spaced, A4 size). 研究論文は, A4サイズで10~12ページ(学部), 13~15ページ(大学院),にまとめること。
 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 本授業は、実践研究を行い、それを研究論文にする方法を学ぶ授業である。  
その他 上記の受講条件を満たしていない学生は受講不可。
Students who have not met the above requirements are not eligible to take this course.  
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ