広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 森戸国際高等教育学院
講義コード 8B501801 科目区分 専門教育科目
授業科目名 Glocal Internship I :Career Theory and Practice
授業科目名
(フリガナ)
グローカル インターンシップ イチ:キャリア セオリー アンド プラクティス
英文授業科目名 Glocal Internship I :Career Theory and Practice
担当教員名 恒松 直美
担当教員名
(フリガナ)
ツネマツ ナオミ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 金5-6
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義、グループディスカッション、PBL協同学習、プレゼンテーション
  
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 14 : 文化論
対象学生 HUSA留学生
授業のキーワード 留学生、インターンシップ、グループディスカッション、企業体験者講話、PBL協働学習、
"husa"  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
インターンシップ実習に向けた準備学習・日本社会と組織についての理解 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  インターンシップ実習に向けて基礎を習得する。日本語・日本社会・グローバル社会・キャリアについての理論的理解を深め、大学教育と自己実現とを関連づける。社会人講師を招聘した「社会体験者講話」とPBL(課題発見解決型)協同学習、企業講師を招聘して実施するグループ・ディスカッションにも挑戦する。「グローバル化支援プロジェクト」に向けた企画・立案も行う。
This course aims to obtain practical skills for the actual internship in local industries.  Students are expected to develop theoretical understanding of Japanese language, Japanese society, global society and career theories so that they could connect university education and their self-realization in the future career. Students also challenge the “Group Discussion” by inviting instructors from private industry.      
 社会体験者講話に基づき、留学生は正規学生(ボランティア)とPBL
(課題発見解決型学習法)による協同学習に取り組み、国際的視野から仕事の意義について考察する。
Based upon the entrepreneurs’ lectures, international students (HUSA students) and regular students (volunteers) work on the group project by using the PBL (problem-based learning) method.  This will allow the students to examine the meaning of work from international perspective.  
 
授業計画 講義、グループディスカッション、PBL協同学習と、多角的に実習に向けた準備を進めていく。

Week 1   コース概要説明・「インターンシップ・プレースメントテスト」&「面接試験 I 」
Week 2    インターンシップの意義とキャリア・日本社会でのマナー
Week 3   名刺交換・電話応対 No.1
Week 4    電話応対 No.2・仕事での義務と責任
Week 5    電子メール・ファックスのマナー
Week 6    社会体験者講話 No.1 [Lecture by Entrepreneur No.1]  < 12:50-14:20 >
          グループ・ディスカッション
Week 7    社会体験者講話に関するProblem-based Learning (PBL) 協同学習   Nov.15
Week 8    電話応対小テスト・勤務中のルール
Week 9    挨拶・身だしなみ・時間
Week 10   中間テスト
Week 11   「グローバル化支援プロジェクト」企画案作成について   Dec.13
Week 12   社会体験者講話 No.2Week 13   Problem-based Learning (PBL) 協同学習    Jan.10
Week 14   報告・連絡・相談
Week 15   報告書・礼状Week 16  「グローバル化支援プロジェクト」企画案 提出
 
教科書・参考書等 Academic journal articles and book chapters.  Handouts will be distributed prior to the class.  Students are expected to study these materials prior to the class. 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
Academic journal articles and book chapters.  Handouts will be distributed prior to the class.  Students are expected to study these materials prior to the class. 事前に予習してくること。また、授業内容を復習して実習に備えること。 
履修上の注意
受講条件等
受講条件 (Requirements)
◆ 日本語レベルは中級・上級 (レベル3, 4, 5)
Japanese Language Level:  Level 3~5 (Intermediate to the Advanced).  
 Please consult with the lecture if students in Japanese Level 1, 2, 3 (Hiroshima University Standard) wish to take this course.
 In order to take this course, you are required to take 1) Internship Placement Test, and 2) Interview Test.  1) 「インターンシップ・プレースメントテスト」, 2) 「面接試験」を受験したHUSA留学生のみ受講可能。テストは授業第一週に行う。

 
成績評価の基準等 全体評価 (Total Assessment)
出席  Attendance                                            15%
課題 (名刺・電子メール・礼状・講話エッセイ・プラン提示) Assignment   20%
PBL プレゼンテーション   PBL Presentation                    10%
グループ・ディスカッション   Group Discussion                      15%
名刺交換・自己紹介テスト Business Card Exchange & Self Introduction Test 15%
「地域国際化セミナー」プレゼンテーション   Seminar Presentation      20%
学期末プレゼンテーション    Final Presentation (Open Seminar)       15%
    TOTAL                                                  100%
*大学院生の評価は、「学期末プレゼンテーション+小論文=20%」とする。
  For graduate student, “Final Presentation & Short Essay” are counted for 20%.

 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ HUSAプログラム交換留学生向けインターンシップ・コースである。
日本留学の機会を生かし、地域社会と連携する国際的体験学習に挑戦する力をつけてください。
Please prepare yourself so that you can challenge yourself for the experiential learning combined with cooperative learning of multinational students  to work with local officials in Japan.  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ