広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 森戸国際高等教育学院
講義コード 8B214802 科目区分 専門教育科目
授業科目名 Upper-Intermediate Japanese A-2
授業科目名
(フリガナ)
アッパー―インターメディエイト ジャパニーズ エイニ
英文授業科目名 Upper-Intermediate Japanese A-2
担当教員名 田村 泰男
担当教員名
(フリガナ)
タムラ ヤスオ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 火5-6:教K216, (4T) 木5-6:教K115
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 22 : 語学教育
学問分野(分科) 01 : 日本語圏
対象学生 特別聴講学生
授業のキーワード 長文読解、精読、語彙、作文 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 中上級レベルの文法・語彙・表現の定着を図るとともに長文読解能力を養成する。 
授業計画 トピックに基づいて書かれた日本語中級学習者用の読解教材を読み進みながら、中級レベルの文型・語彙・表現を学習する。授業では、特に次の語彙・表現の解説を行う。

第1回 オリエンテーション、意志表現「~よう(と)」、複合助詞「~につれて」、副詞「かえって/むしろ」、
形式名詞「わけ」
第2回 心情・嗅覚・味覚を表す擬態語、感情の強調表現「~ことに」、複合動詞「~かける」
第3回 否定の助動詞「ざる/ず/ぬ」、接続表現「~にしろ~にしろ」、形式名詞「上」(1)、「通り」
第4回 副助詞「さえ」、接続助詞「つつ」(1)、複合動詞「~分ける」、「~というのも」「~代わりに」
第5回 複合助詞「~によって」、形式名詞「まま」、助動詞「べき」、「~とする/される」
第6回 「音/声/味/におい/気/感じがする」、複合動詞「~切る」、名詞「きっかけ」
第7回 接尾語「まみれ/だらけ」「がてら」「がかり」、 「余り/足らず」、副詞「ようやく/やっと」
第8回 接続助詞「つつ」(2)、形式名詞「上」(2)、複合助詞「~とともに」、接尾語「外れ」「次第」
第9回 中間テスト
第10回 接続表現「~にもかかわらず」、副詞「さすが/やはり」、例示の表現「~をはじめ」
第11回 理由表現「~だけに」、接尾語「がち/ぎみ/~っぽい」、接続助詞「ては」
第12回 複合動詞「~がる」「~づける」、接尾語「なり」、推量表現「に違いない/はずだ」
第13回 動詞「直す/治す」「伸びる/延びる」、接尾語「きり」、形式名詞「ところ」、接尾語「化」
第14回 名詞「先/後」「前/元」、各種表現「~ようでは」「~わけにはいかない」「その一方で」
第15回 漢字の訓読み、各種表現「~たばかりに」「~て/でならない」「~としても」「~ないことには」
第16回 期末テスト
 
教科書・参考書等 「テーマ別 中級から学ぶ日本語 三訂版」(研究社) 
授業で使用する
メディア・機器等
PPT,DVDなど。 
予習・復習への
アドバイス
授業に参加する前に必ず新出単語の意味を調べておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
本学で実施するプレイスメントテストを受験し、その結果、レベル3(中級)又はレベル4(中上級)と判定された,日本語以外を母語とする者のみ履修できる。
週あたり2コマ出席すること。
 
成績評価の基準等 発表・討論への参加20%、試験60%、宿題20% 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ