広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 森戸国際高等教育学院
講義コード 8B214501 科目区分 専門教育科目
授業科目名 Intermediate Japanese A-2
授業科目名
(フリガナ)
インターメディエイト ジャパニーズ エイニ
英文授業科目名 Intermediate Japanese A-2
担当教員名 石原 淳也
担当教員名
(フリガナ)
イシハラ ジュンヤ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 月7-8:教K115, (4T) 水7-8:教K216
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 22 : 語学教育
学問分野(分科) 01 : 日本語圏
対象学生 特別聴講学生/Special Auditing Students
授業のキーワード 読解、文型、語彙、文化 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 中級レベルの長い文章を読み、それが何を伝えようとしたものであるかを確実に読みとる読解力を身に付け、さらにその内容を的確に言語表現できる能力を養うことを目標とする。 
授業計画 それぞれの課に出てくる文型、語彙等について解説を加えた後、長文を読み内容を理解したうえで、長文の内容について質問をする。適宜、トピックに関連した日本文化についての解説を加える。

第1回 オリエンテーション、読解「すし」(導入)
第2回 「好き/嫌い」の表現、五段動詞/一段動詞の可能表現、「~ことができる」
第3回 「~ようになる」、格助詞「から」「で」、補助動詞「~ておく」
第4回 目的表現「~には」、味覚の表現「あまい/からい/にがい/しぶい」、料理の語彙
第5回 読解「寄席」(導入)
第6回 比較表現、副助詞「は」「も」
第7回 形式名詞「もの」「こと」、接尾語「家」「師」「場」
第8回 中間試験
第9回 読解「経済発展」(導入)
第10回 接続助詞「から」「ので」「のに」、形式名詞「ため」(1)、直喩表現「ような」
第11回 格助詞「と」、接尾語「分」「倍」「化」、副詞「なかなか」「あまり」
第12回 読解「線路わきのやぎ」(導入)
第13回 授受表現(1)「さしあげる」「あげる」「やる」、形式名詞「ため」(2)
第14回 授受表現(2)「いただく」「「もらう」、推量表現「らしい」、助詞「まで/までに」
第15回 授受表現(3)「くださる」「くれる」、接尾語「員」「品」「つき」

中間、期末の二回、試験を行う。 
教科書・参考書等 教科書:「日本語2ndステップ」(白帝社) 
授業で使用する
メディア・機器等
教科書、プリント 
予習・復習への
アドバイス
授業に参加する前に必ず本文を一度読み、新出単語の意味を調べておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
・学内プレースメントテストの結果、レベル2(初級)又はレベル3(中級)と判定された、日本語以外を母語とする者のみ履修できる。
・週あたり2コマ出席すること。 
成績評価の基準等 授業態度20%、宿題10%、試験70%
5回以上欠席した場合、評価は行わない。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ