広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 森戸国際高等教育学院
講義コード 8B103801 科目区分 専門教育科目
授業科目名 論文作成法B
授業科目名
(フリガナ)
ロンブンサクセイホウB
英文授業科目名 Academic Writing B
担当教員名 柳本 大地,永井 敦
担当教員名
(フリガナ)
ヤナモト ダイチ,ナガイ アツシ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 火7-8:教K308, (4T) 木5-6:教K216
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 22 : 語学教育
学問分野(分科) 01 : 日本語圏
対象学生  
授業のキーワード アカデミックライティング,論文作成,語彙,文法 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 日本語で論文を書くために必要な知識・文法・語彙を学び,書く能力を養成する。研究活動を始め,論文を書くための知識を養う。 
授業計画 授業内容を理解し,論文を書く上で必要な知識を学習する。また,自らが研究を行う上で必要な知識を養成する。授業内では,文法や使用語彙についての説明を行い,様々な分野の書き言葉を練習する。また,教材の内容の理解を深め,実際に研究活動に取り組みながら,学習する。
第1回 オリエンテーション,章立て
第2回 アカデミックライティング<「は」と「が」を使い分ける>
第3回 本論の書き方
第4回 アカデミックライティング<書き手の視点を示す>
第5回 引用の仕方
第6回 アカデミックライティング<過去と現在のつながりを示す>
第7回 図表の提示の仕方
第8回 中間テスト
第9回 アカデミックライティング<文章の中の語を指し示す>
第10回 論文の形式について
第11回 アカデミックライティング<前後の関係を表す>
第12回 結論の書き方
第13回 アカデミックライティング<前の文に関係づける>
第14回 引用文献のまとめ方
第15回 アカデミックライティング<効果的に意見を述べる>
第16回 期末テスト
 
教科書・参考書等 「レポート・論文を書くための日本語文法」くろしお出版
プリント教材を配布
 
授業で使用する
メディア・機器等
PPTなど 
予習・復習への
アドバイス
必ず,予習をしてから授業に参加すること。 
履修上の注意
受講条件等
・外部試験(Japanese Computerized Adaptive Test: J-CAT)を利用して、学内でプレースメントテストを行い、 その結果、レベル5(上級)と判定された,日本語以外を母語とする者のみ履修できる。レベル4以下の者は授業に参加できない。
・週あたり2コマ受講すること。
 
成績評価の基準等 発表・討論への参加30%、期末レポート40%、 試験30% 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ