広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 70010037 科目区分 健康スポーツ科目
授業科目名 スポーツ実習A(剣道)
授業科目名
(フリガナ)
スポーツジツシユウA
英文授業科目名 Practicum in SportsA
担当教員名 草間 益良夫
担当教員名
(フリガナ)
クサマ マスラオ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 金7-10:詳細はもみじ教養HP参照(東広島開講)
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
実習(一部講義) 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 05 : スポーツ科学
対象学生  
授業のキーワード 剣道、基本技稽古法、日本剣道形 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
スポーツ実習科目 
学習の成果 
授業の目標・概要等 日本の伝統文化である「剣道」を体験し、自己の充実と対人的関係から、伝統的な考え方や行動の仕方を知る。 
授業計画 第1回:ガイダンス、剣道の歴史(西体育館剣道場に,運動のできる服装で集合。)
第2回:剣道基本技稽古法の説明と基本1(面・小手・胴・突き)
第3回:前回までの復習と基本2(小手-面)
第4回:前回までの復習と基本3(払い面)
第5回:前回までの復習と基本4(引き胴)
第6回:前回までの復習と基本5(面抜き胴)
第7回:前回までの復習と基本6(小手すり上げ面)
第8回:前回までの復習と基本7(出ばな小手)
第9回:前回までの復習と基本8(面返し胴)
第10回:前回までの復習と基本9(胴打ち落とし面)
第11回:剣道基本技稽古法のまとめ
第12回:日本剣道形の説明と形(1-4本目)
第13回:前回までの復習と形(5-7本目)
第14回:日本剣道形のまとめ
第15回:試験

実技試験、筆記試験、レポートを実施する。 
教科書・参考書等 配布資料。 
授業で使用する
メディア・機器等
映像(ビデオ)等。 
予習・復習への
アドバイス
第1回:運動着(可能ならば「剣道着と袴」)と筆記用具持参
第2回:前回の復習をしておく
第3回:前回の復習をしておく
第4回:前回の復習をしておく
第5回:前回の復習をしておく
第6回:前回の復習をしておく
第7回:前回の復習をしておく
第8回:前回の復習をしておく
第9回:前回の復習をしておく
第10回:前回の復習をしておく
第11回:前回までの復習をしておく
第12回:筆記用具持参
第13回:前回の復習をしておく
第14回:前回までの復習をしておく
第15回:筆記用具持参
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 実技試験50%、筆記試験20%、レポート10%、参加態度20%により行う。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 授業は裸足でおこないます。剣道場の掃除もおこないます。 
その他 用具の数的制限と剣道場の空間的制限があるため、受講希望者が30人を超えたときは受講者抽選を行う可能性がある。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ